Translate

2018年10月5日金曜日

とうとうBlackberry KEY2を手に入れた!

Priv、KeyoneとBlackberryを愛用している私ですが、ついにKEY2を手に入れてしまいました。

きっかけは妻がヤフオクくじで20%(最大6千円)還元を当てたことでした。
「いま自分には欲しい出品物がないから、もしあるなら代わりに入札するよ」
そこで何かあるか調べていたらKEY2の存在に気づいてしまったのです。
20%還元、最大6千円ということは、一番効率がいいのは3万円の品なのですが、こちらは思い切りオーバーの7万円。
還元と送料を考えて6万5千円で購入できた計算になります。
しかもチェックに開封しただけの未使用品とのことでした。
個人的にはシルバーモデルが欲しかったのですが、こちらはブラックモデル。
ブラックはSingle SIMで内部ストレージ128GB版があるのですが、私の手に入れたのはBBF100-6、Dual SIMで64GB版でした。

手に取ってみると確かに薄くなっているのがわかります。
マットになったキーボードはキーが大型化しており押しやすそうです。

実際に使ってみると文句のなかったKEYoneよりかなり完成されているのがわかりました。
ほんの少しのサイズアップでタイピングはかなりやりやすくなっています。
ですがそれよりも絶大なのは6GBになったRAMです。
アプリをどんどん立ち上げても動作は重くならず、これがかなり快適なのです。
もちろん若干ですがCPUが高速化したこともあるでしょうけれど。

唯一の不満を上げるとすれば右シフトキーがなくなってコマンドキーになったこと。
私はKEYoneの頃からAQUA Mozcという日本語入力アプリを使っています。
このアプリはBlackberryのキーバインドを変更し、文節変換に必要な左右カーソルをスペースの左右キーに割り振ってくれていました。
それがコマンドキーになってしまったことで置き換えキーが足りなくなり、カーソル移動はCtrl併用でB、N、M、$を押して行うことになってしまいました。

これで何が困るかというと、文字選択範囲を変更する場合でShift+Ctrl+(B、N、M、$)となるわけですが、AQUA Mozcを用いたKEY2のキーボードでは右Shift+sym+(B、N、M、$)となりかなり大変です。


上記写真の印字をあわせてご覧ください。
親指打ちが基本のKEY2ではかなり無理があります。
それ以外は快適そのものです。


今までのメイン端末がZTE のM Z-01Kだったこともあり、軽量化できて満足です。
まぁ、M Z-01Kは2つ折り大画面を活かしたコミックビュワーとしてはかなり優秀でしたけど。

2018年10月3日水曜日

自作の小さい水筒

最近私が凝っているのが『小さい水筒』作りです。と言っても簡単なもので、ペットボトルを縮ませるだけです。
やり方も簡単で、ペットボトルに熱湯を注ぐだけ。
高熱でみるみる縮んでいきます。
上の写真のペットボトルはもともとはポカリスウェットの小さな物を更に縮ませた状態。
元のポカリと比べると二周りくらい小さくなっています。

比較するるとこんな感じです。

コツはキャップの下1cmくらいで注ぐのをやめること。
スクリューが歪むとキャップができなくなる恐れがあるためです。

そもそも何でこんなものを作ったかというと、夜のジョギング中にのどが渇いたとき用に2〜3口分の水を入れておける軽量な水筒が欲しかったからです。

通勤中もカバンが重くならないので便利です。

2018年9月28日金曜日

中国版 Amazfit bip をインターナショナル化した!

中国語版を送られ、toolアプリでメニューを英語化して使っていたAmazfit bipですがやはり何かの拍子ですぐに中国語表示に戻ってしまいます。

そのたびにアプリから設定の更新をしていたのですがだんだん面倒になってきました。
そこで禁断の技に手を出すことにしました。
それはファームウェアの書き換え

時計の ハード的には中国語版もインターナショナル版も変わりはありません。
違うのは表示を司るファームウェアだけなのです。
なのでこれをインターナショナル版に書き換えてしまえばメニューは英語になるわけです。

とはいえ、ファームの書き換えは一歩間違えば文鎮化です。
何度も解説サイトを読んでから実行することにします。
今回参考にしたのはこちら。
中国版Amazfit Bipから国際版Amazfit Bipに永久的に切り替える方法

手順通りに必要なファイルをダウンロードしてから、いざ開始!


1)まずはMi fitアプリとのペアリングを解除し、Mi fit自体をアンインストール。
 これをする理由は勝手に接続されることを防ぐためです。
 なので面倒臭がらずしっかり削除。

2)次にガジェットブリッジをインストール。
 このアプリ経由でファームウェアの書き換えを行います。

3)ガジェットブリッジからAmazfit bipのファームウェアをダウングレード。
 このバージョンに落とさないとインターナショナル版に書き換えできないようです。
 .fwと.resの2回に分けてダウングレードします。

4)続いてインターナショナル版を焼き込みます。
 今回は1つのファイルだけでokですが、完了後ファクトリーリセットをしっかり行いましょう。

5)Mi fitアプリをインストールしてペアリング。
 (私はこの時点でガジェットブリッジをアンインストールしました)
 あとは英語メニューで普通に使えるようになります。


こうして無事にインターナショナル版に変身させることができました。
やっぱり中国語より英語のほうが何が書いてあるかわかりやすくていいですね!

2018年9月25日火曜日

今更のWindows 10 Mobile購入

私はハードオフ巡りが好きで他県まで脚を伸ばしては掘り出し物を探しています。
この連休は埼玉方面のハードオフを巡り、ある掘り出し物を買ってきました。
それは今更のWindows 10 Mobileスマートフォンです。

メーカーは格安タブレットなどを販売しているGeanee、
商品名はWPJ40-10です。
ハードオフでの販売価格は3240円(込)でした。
3000円位、ゲーセンであっという間にスル金額なので躊躇なく購入です。

小さめで片手にすっぽり隠れるサイズは非常に持ちやすいです。
バックカバーが3色入っているうえ、実はおまけで更に3色ついてきましたが、落ち着いた黒のままで使いたいと思います。

Windows 10 Mobileは当のMicrosoftも捨てたOSです。
アプリもほとんど開発されず仕舞いです。
こんなスマホ、今更使えるのでしょうか?

結論から言えば用途を絞ると結構便利です。
ゲーム専用機のようなことはできませんが、電車の中でネットを見たりする分には十分です。
ブラウザベースですがGoogle+にも投稿できます。

テキスト入力は専用IMEしかありませんが、独特のカーブフリックは個別に濁点入力が不要なので慣れると早く打てます。

正直これ一台に絞るには私にとっては生活スタイルを変える必要がありますが、人によっては十分ではないでしょうか?

Windows 10 Mobile機は実はこれ以外に2台手元にありますが、両方共画面サイズが大きいため、このサイズが可愛くて仕方ありません。
その分、スペックが低くてサクサクは動かないのですが。
そんなことよりも3000円で使えるおもちゃが手に入ったことのほうが嬉しかったりします。

2018年9月21日金曜日

Amazfit bip をゲット

チープなスマートウォッチを使っていた喜んでいた私ですが、何だかんだで使い勝手の良いPebble timeに戻っていました。
理由は通知は来るものの、メールの内容までは確認できないため、緊急性があるかは判別できないことが大きかったのです。
しかしPebbleも購入からしばらく経ち、バッテリーの持ちがかなり悪くなってきました。

そこで購入したのが、Pebbleユーザーの多くが買い替えているAmazfit bipです。
アリババで注文し、国内で買うよりは安かったのですが中国から一度シンガポールを経由しての到着なので、2週間程かかります。
あと、ひどい扱いを受けるのか箱が歪み、素直に開けられなくなるのが難点です。

また、説明には「English Ver」とあったのに、届いたのは中国版…
一応バイヤーに 文句を言ったのですが「スマホの設定を英語にすれば英語版になるから問題ないはずだ」との返答。
確かにスマホの言語を英語モードにすれば、英語メニューになるのですがですが、日本語に戻すと表示は中国語になってしますので、チンプンカンプンになります(これについては打開策がありました)

Amazfitを使うにはMi fitというアプリを使うのですが、通知などの設定は最低限しかありません。
これをもっと細かく設定するためのアプリがNotifi & Fitness for Amazfitです。
実はこれを使うと、表示メニューを英語版にすることができるのです。
ここでEnglishを選んで更新するだけ。
これでメニューの内容が把握できるようになりました。
また通知メッセージもメール本文まで通知してくれるのでこちらのアプリを同時に使うのが正解なようです。

Amazfit bipにはGPSが内蔵されているので、ジョギングなどをした場合、どのルートを走ったか後から見ることが出来ます。
このGPSログは、AmazfitのActivityから操作を行うか、スマホのMi fitアプリからワークアウトを選ばないと記録されません。
GPSの記録はかなりバッテリーを消費するらしいので、このような仕様になっているのでしょう。
ライフログとしてGPSデータを残したい人は、最長45日間という長寿命と引き換えにすることになりそうです。
(なお連続してGPSログを記録すると1日持たないそうですが……)


またNotifi & Fitness for Amazfitアプリにはプリセット以外のウォッチフェイスをインストールする機能があります。
ただPebbleと違って複数のウォッチフェイスをインストールし、状況に応じて切り替えるという使い方は出来ないようです。
この場合は最初からAmazfit pibの中に内蔵されているウォッチフェイスで我慢するしかありません。
何度か変えて自分似合うものを探し、結局はMi fitアプリ内のものにしてしまいましたが、定期的に別のウォッチフェイスを試してみたいと思います。

2018年8月23日木曜日

《追記あり》Jelly Pro フルリセット後のバッテリー状況

フルリセットしたことでバッテリーの持ちが戻ったJelly Proですが、
前回はGmailなどの同期を切った状態での測定だったので、
実際の使用ではどうなのかを測定してみました。

昨日は……
合計15時間

そして今日は……
合計17時間

アプデ前の方がやっぱり良かったですが、昨日も今日もアプリのアップデートが行われてしまったので、仕方ないでしょう。
それさえなければ、なんとか1日は持つのではないかという感じです。
(もちろん、使えば使っただけ、目に見えて減っていきます)

ところで、このJelly Proですが、間もなく後継機であるATOMが発売になります。
クラウドファンディングのKickstarterですが、早い人は9月中の発送が行われるとアナウンスがありました。
当初11月とのことだったので、かなり明るい報告です。
もちろんこの祭りには乗っております。

SDカードスロットはなくなり、バッテリーも交換不可となったようですが、
防水で指紋認証が追加されたATOMがどの程度使えるのか、今から楽しみです。

===================================
【追記】
一日使った状況を見てみると……
メールの送受信を何度か行ってこんな感じです。
合計25時間
待機だけなら1日持ちそうです。
これならアップデート前と遜色ない感じですね。

2018年8月22日水曜日

《追記あり》Jelly Pro はアップデートしたらダメになる!

先日、やっとアップデートが再開されたので喜んでAndroid 8.1にしてしまったJelly Proですが……
非常に後悔しております!!!
 ※追記ありですので、最後までお読みください

簡単に言えば、バッテリーの持ちが半分以下になってしまいました!
いや半分ならまだしも、実質6分の1ですから!

アップデート後のバッテリーグラフは次の通り……
目一杯節電して6時間しか持たない!
しかもこれ、ポケットに入れて待機していただけです。
証拠としてのスクリーンショットは次の通り……
ほとんどシステムだけが動いているのがわかると思います。

ちなみにアップデート前のAndroid6の頃は次の通り……
12時間経過した後で残り20時間、つまり待機だけなら36時間は持っていたのです。

一応、アップデート前からのアプリが悪さしていることを考えて、
今からフルリセットして再セットアップしてみるつもりですが、
どこまで改善するやら……

Jelly Proをお使いの方、どうしてもAndroid8じゃなきゃダメな理由がない限り、
アップデートは思いとどまったほうが良いと思います。

=========================================
《追記》
フルリセットして、再度環境を作り直してみました。
その結果……
おおっ!
改善どころか3倍くらい伸びてる!!
ということで、Jelly ProをOREOにアップデートした人は、
一度フルリセットしたほうが幸せになれそうです。