Translate

2019年7月19日金曜日

3インチ液晶の小さなスマホ SOYES XS を入手

やっとSOYES XSが届きました。

Aliexpressで購入したのですが届くまでに二週間以上かかりました。
ちなみに先週の土曜日早朝には日本に入っていたのですが、連休で全く処理がされず、地元の郵便局に届いたのが昨日(木曜日)
しかも郵便局の再配達依頼は17時までに行わないとならず、勤め人には無理というシステム。
幸い、本局が車で10分程度なので今朝方時間外窓口で受け取ってきました。


箱潰れの多い中華発送で心配していましたが、エアキャップでしっかり保護されていて無事でした。
中華端末良いいところは、最初からケースが付属するところ。
今回の場合は液晶保護シートまで付属していました。

SIMトレーはマイクロとナノのダブルスロット。
ここにMicroSDスロットもついているのですが、ナノSIMスロットと排他仕様です。
なのでナノSIMにアダプタを付けてマイクロSIMスロットに入れました。

重量はサイズの割に重めですが、重いというより“詰まってる”という印象。
バッテリーはショップカタログには1580mAhとありますが詐称で、実際には1000mAhしかありません。
使えば使っただけガンガン減っていきます。

似たサイズのUnihertz Atomと比較。
総合力ではATOMに軍配が上がります。

しかしSOYES XSの3インチの画面はATOMと比べると全くタイプミスが起こらないので、たった0.5インチでこんなにも違うものかと驚かされます。
(この文章はSOYES XSで書いています)

これはいいテキストメモマシンかも知れません。

2019年7月15日月曜日

クラファンの8インチノートPC"Falcon"が届いた

クラウドファンディングで出資した小さな2in1パソコンのFalconがやっと届きました。

クラウドファンディングでは予定より遅れることはままありますが、本品は2月予定が7月なのでほぼ5ヶ月遅れでした。
それはともかく、クリエイター側が「間もなく発送詐欺」を何度もやらかしたため、「もう信じられない!」とかなり出資者が怒り狂うという事態が発生しました。

というわけで、はやる気持ちをこらえつつ開封してみました。
箱の上面には「JoyTop」とメーカー名があります。
しかし商品名の「Falcon」はどこにも見当たりませんでした。

本体はなんの変哲もないアルミ筐体。
サイズを除けば以前(これもクラウドファンディングで)
入手したGPD Pocketそっくりです。
こちらは8インチなので大きめです。

一応簡単なスペックは以下の通り。
CPU Intel Pentium Silver (4Core) N5000 → J5005
RAM 8GB
ROM 128GB
8Inchディスプレイ 1920*1200

CPUが当初の予定と変更になっています。
これはN5000が入手できず、代わりに入手できたJ5005になりました。
J5005の方が高性能らしいですが、その分バッテリー消費が大きくなってしまいました。
この変更にもバッテリー持続時間を重視する出資者から不満が出ました。

中身は64bit版Windows10 ですので使い勝手は普通です。
それより初タイピングから引っかかるのがキーボードです。
ストロークが深く、ちょっと触ったくらいでは反応しません。
かなり押し込まないと印字されず、タイプミスが発生してイライラします。

加えてキーレイアウトが変なこともストレスの原因です。
QWERTY段が左に寄りすぎているためです。
ASDFG段階から指を上に滑らせると一つ右のキーを押してしまうミスが多発します。
普通のキーボードでは「K」の上は「I」ですが、Falconだと「O」なのです。
ちなみに上の画像が一般的なキーボードのレイアウト
タッチタイプで指を滑らせられる位置に上段キーがあります。

キーボード以外でも不満点はあります。
本品はターンオーバーでキーボードを液晶の背面に回すことができます。
こうすることでタブレット端末のようにして使うことができます。
最近のミニノートはこの機構を備えている機種も多く、見慣れたスタイルです。
このスタイルになる機種はターンオーバー状態を維持するようにマグネットなどでロックされるのが普通です。
しかしFalconには何のロック機構もありません。
折りたたんだ状態よりもヒンジの弾性の方が勝っており、完全にくっついておらず手に持つとちょっと動かす度に液晶がバタバタと動きます。

GPD Pocketより快適にテキスト打ちがしたくて出資したのですが、画面が広い以外は負けていました。
一応キーレイアウトのズレは、本体を斜めにおくことで若干マシになるという技を使うことでゆっくりならタイピングできます。
このように人間側がどこまでFalcon側にあわせられるかになりそうです。

ちなみに入力速度はGPD Pocketを100とした場合、60くらいまで落ちます。
急いで入力したいときはどうしてもミスが多発し、再入力が必要となるためです。


ふと思い立って、持っていた折り畳みBTキーボードをつないでみました。
するとすごく快適にタイピングができます。
付属のキーボードはあくまでもおまけとして扱い、BTキーボードをメイン使いする方が良いかもしれません。
ターンオーバーでこのようにすると、マウス操作はできなくなりますがスッキリします。

ひょっとして、縦持ちしてフリックで入力したほうがいい?
8インチは私の手だと結構ギリギリです。

ちなみにいつもならテストを兼ねてFalconで原稿を書くところですが、今回のテキストは基本的にUniertz Atomで入力しています。
電車の中で立ったままテキストを打てるのでAtomはよい感じです。

2019年6月7日金曜日

Spotifyを退会した

サービス開始から2年以上ユーザーになっていた音楽配信サービスのSpotifyですが、そろそろPremiumの有効期限が切れます。
そこでこの機会に退会することにしました。
理由としてここ1年ほどは月に1度起動するかしないかになっていたためです。
代わりに聞いているのがFMラジオ。
「この曲が聞きたい!」「このアーティストを集中して聞きたい!」という欲求が私には薄いらしく「作業中にBGMが鳴っていればいい」という聞き方なので、どうやらFMラジオで十分だと気づきました。

どうしても特定アーティストを聞きたいなら、広告有りのSpotify Freeでもいいかな、と思い直したので退会を決意しました。


するとすぐに引き止めるようなメール。
まぁ、仕方ないかもしれませんが、退会直後に送られると「商魂たくましすぎてウザい」って思ってしまいますね。


2019年6月3日月曜日

ゲーセンで携帯電話を手に入れた

先日、ゲームセンターに行ったときに面白いアイテムを手に入れました。
BTのヘッドセットです。
つまりスマートフォンとペアリングすれば、これで電話ができるというアイテムです。

色は3色あるようですが、取りやすそうなところを狙ったので赤でした。

中を出すと真っ赤でプラスチック製のまるで子供の玩具のような電話が出てきました。
ゲーセンの景品なので価格的にもこんなものでしょう。
ちなみに私は500円かけて取りました。

裏蓋を開けてバッテリーを入れようとすると、上の方にSIMスロットでもあるのか、そういうモールドがあります。
この商品には実際は存在しないので、金型を共有しているのでしょう。

と思ったのですが、ふと技適シールを剥がしてみると……
2つのSIMスロット発見! 両方共フルサイズSIMです。
おそらくGSMだと思われるので日本では使えないでしょう。
(これがタイトルの由来である「携帯電話」という意味でした)

6/17追記
これを試された記事が出ていました。
https://japanese.engadget.com/2019/05/14/bluetooth-sim/



起動画面はこのようなシンプルなもの。
液晶は1.8インチです。

機能はアイコンで別れており、一応見やすいです。

手にとったサイズ感はこんな感じです。
大きさはそれなりにありますが、電話機として考えるとこれくらいの方が使いやすいでしょう。

とりあえず、電話としては使っていないGemini PDAとペアリングしてみました。
通話用SIMではないので実際に通話を試してはいませんが、このBTヘッドセットから発信操作は出来ている様子です。
実際、Gemini PDA一台で活用するとしたら、このようなヘッドセットデバイスは必須になるのではないでしょうか?

BTヘッドセットなので本体の音楽をBT経由で聞くことが出来ます。
ちゃんと曲送り、曲戻しもできます。
ただボリュームは本体の現在の設定が上限になっているようなので、いくらヘッドセットのボリュームを最大にしても本体側のボリュームが絞ってあると小さな音量でしか再生できませんでした。
このあたりが普通のBTヘッドセットと違うと感じました。

単体の機能として、画像ビュワー、動画ビュワー、FMラジオ、ゲーム、目覚まし時計、電卓、懐中電灯、ストップウォッチなどがあります。

FMラジオは日本バンドにあっているので、非常に重宝します。
ただしワイドバンドではないので、interFM 89.7Mhzは受信できません。
ちなみに他の多くと同じくイアフォンをアンテナとするのですが、イアフォンがなくても81.3Mhz(J-wave)はそのまま聞くことが出来ました。
イアフォンを指していないのでスピーカーから音が出ます。

また動画ビュワーは通常のMP4はフォーマットが対応していないので再生できません。
昔の安いプレイヤーがそうだったのですが、おそらくAVI形式(asf)じゃないとダメなのではないでしょうか。

追記
 動画フォーマットはいろいろ試したところ、3gpでした。
 ガラケーのカメラなどで録画した時のファイルのフォーマットですね。

一応画像ビュワーは遅いながらちゃんと使えます。
ただ画像が荒いので何気なく暇つぶしに眺める程度でしょう。
あとで我が家の猫たちの画像でも入れて置こうかと思います。

ゲーセンの景品といえ、なかなか実用的なものでした。

2019年5月19日日曜日

Gemini PDA アップデートトラブル


GW中にAndroid8.1へのアップデートが来る……という話でしたが、なかなか来なかったので忘れていましたが、先日ふと「アップデート準備完了」というドロワーが出ていることに気づきました。
そこで就寝前に何の気なしにアップデートを行い、翌朝目覚めて青くなりました。

どうやっても通信ができない!

調べてみると、今回の8.1アップデートはDocomo SIMでは通信ができなくなるバグがあるとのこと。
やられました。

一応ネットでは一時的に解消する方法があるとのことなので、それを試してみました。
その方法は「SIMスロット1から一度SIMスロット2に変更して、再度SIMスロット1に戻せば、SIMスロット1のカードが有効化される」とのこと。
ですが、私のGemini PDAはSIMスロット2が有効にならないのでこの切替ができないのです。
そうでした、私の持っている1stロット(x25CPU)はeSIMが動いていないのです。

というわけで、以前のROMバージョンに戻さなければ通信できないという状態です。
仕方がないのでGeminiでは初のROM焼きを行いました。
公式サイトにツールが用意されているとのことなので、それを利用します。
(ただし、従来とページが移動されているのか、以前の記事などにはられているリンクをたどるとリンク切れになっていることがしばしば。
 親切な方がtwitterで最新のリンクを教えてくれたので事なきを得ました)

やり方も英語ではありますが書いてあります。
これをページごとGoogle翻訳で日本語にして読みながら作業を進め、無事にAndroid7に戻すことができました。

通信ができるようになって次に問題なのが、キーレイアウトが変更できなくなっていたことでした。
正確には、以前私が作ったキーマップ変更済みのGeminiキーボードapkがインストールできなくなっていたことです。

そこで、せっかくROM焼きしたのだから、ついでにRootを取ってしまいます。
私が参考にしたのはこちらのサイトです。
管理人様にはこの場を使いお礼申し上げます。


無事root取得したGemini PDA
こうなればアプリ化に頼らずにキーマップを変更できます。
今度はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
「Generic.kl」「Generic.kcm」の2つを書き換えて再起動し、やっと以前のキーレイアウトに戻すことができました。

バグだらけのアップデートもそうですが、不完全な1stロットを無視した進め方はやめていただきたいものです。

2019年5月4日土曜日

ドン・キホーテの監視カメラを買ってみた

ドン・キホーテのオリジナルブランドである情熱価格の製品にWifi接続小型ネットワークカメラ「スマモッチャー」が5月3日に発売になりました。
ペットや赤ちゃんの監視カメラ、見守りカメラとして外出先から映像を見ることができる製品です。
なんと価格は3980円!
この安価な製品がどこまで使えるのか購入して見ることにしました。

設定は中の説明書に従って簡単に行えました。
QRコードをスマホで読み込んで、専用アプリをダウンロードして使用します。

汚い廊下で申し訳ありません。
本体が軽いので、設置は簡単です。
ちゃんと壁留め用金具も付属していますが、私は100均の三脚を利用して画鋲で壁に仮留めして見ました。

夜、明かりがない部屋でも赤外線ライトによりかなり鮮明に写ります。
ただしモノクロになってしまいますが。

面白い機能として、スマホアプリから音声をカメラの方に届けることができます。
私は猫を監視していたらいたずらをしそうなところを偶然見たので「こらー!」と一喝、猫のいたずらを防ぐことが出来ました。

その他、よくある動体検知や音声検知を通知してくれる機能などがあります。
いくつかの機能を利用するには有料のチケットを購入する必要があるようですが、基本機能だけでも十分使える製品です。

なかなか気に入ったので、もう少ししたら更に買い足してみたいと思います。

2019年5月1日水曜日

SH-M03 を復帰させた理由

私は通常Blackberry Key2をメインに、サブとしてUnuhertz Atomを持ち歩いています。
どちらも海外のメーカーのスマートフォンです。
今まではこれで問題なかったのですが、最近Atomを休ませて数年前にメインで使っていたSH-M03を復帰させました。

理由はおサイフケータイ機能を使うためです。

知っての通りGWの期間中に「メルペイ」を使うと50%還元があるとアナウンスが有りました。
しかもセブンイレブンならば70%還元!
メルペイはQRコードにも対応しているのですが、セブンイレブンはiDのみ。
つまりおサイフケータイに対応した端末が必要なのです。

ここのところおサイフケータイに対応していない海外製端末ばかり使っていたので、スマホで支払うのはほぼ諦めていました。
ところがpaypayなどのQR決済が始まり、両方に対応したメルペイが始まったとなれば、思い直さざるを得ません。
おサイフに対応してないとクーポンも出ない。
おサイフ(iD)対応だとクーポンも!

久々にSH-M03を使ってみるとAtomよりは大きいものの、厚みは薄いのでなかなかポケットへの収まりは良いです。
画面サイズ的にも使い勝手は上だし、さすが数年前までメイン端末だっただけのことはあります。
様々な決済サービスが始まった今、再度国産端末に眼を向ける機会がやってきたのかも知れません。

ただしある理由からワンセグ搭載機だけは絶対に避けるつもりです。