Translate

2018年7月19日木曜日

Blackberry Keyone を手に入れた!


Gemini PDA がかなり気に入っている私ですが、何を血迷ったか別のスマートフォンを購入してしまいました。
Blackberry Keyone Silver Editionです。
詳しい方ならご存知と思いますが間もなく後継機である Key2が日本でも発売になります。
早い人はすでに海外から取り寄せて使用しているようです。

やはり私は物理キーボード付きの端末という物に目がないのです。
中古で手に入れたのですが、私の手に入れたモデルはBBB100-1という型番です。
日本で使うならば本当はBBB100-6の方がFomaプラスエリアに対応しているので、もしDocomoのMVNOで使おうと考えている人はそちらを選んだほうが良いでしょう。
普段地上で遣っている分にはあまり問題ありませんが、地下鉄内だと頻繁に電波が途切れてしまいます。
試しにSoftbankのMVNOである990 Just Fit SIMを入れたところ、こちらは地下鉄内でも途切れませんでした。
BBB100-1をつなうならSoftbank回線のほうが良いようです。

私はBlackberryのAndroid端末はこれが初めてではなく、Privという機種も持っています。
Privは一見するとただのAndroid端末ですが、スライドすることでキーボードが出てきます。
実は性能などは後発のKeyoneよりも上だったりします。
しかし、この変形ギミックがアダになり物理キーボードを使おうとすると重心バランスがとても悪いため、快適にタイピングできないという残念な状態になってしまいます。
物理キーボード付き端末というのはこの重心バランスがとても重要で、今までのBlackberryはとてもうまかったのですが……Privは残念の一言です。
そこでこのKeyoneなのですが、画面のサイズと引き換えに変形ギミックを廃したことでとてもよい重心バランスです。
またPrivはその重心バランスのせいで、本体の角が指に刺さってとても痛かったのですが、Keyoneでは角が丸くなっており、その辺りも改善されています。

PrivになくKeyoneにあるのが指紋認証です。
私はメイン機としてM Z-01Kという端末を使っているのですが、こちらの指紋認証はちゃんと反応しないことが多い中、Keyoneの指紋認証は反応も早く非常に快適です。

Fomaプラスエリアのことがなかったら、Keyoneをメイン端末に切り替えたいと思うほど気に入っています。

ただいくら物理キーを備えているとは言っても、快適な文書入力となるとGemini PDAには敵いません。
ですがGemini PDAはアウトカメラがトイカメラ並なので、これもまたメイン機として使うのはちょっとつらい状態です。
またポケモンGOなどはコンパスが動かないGemini PDAではちゃんと動作しないのでやっぱりメインには辛いですね。

となると……Blackberry KeyoneのBBB100-6を手に入れたら……?
そんなことを考えつつ、今日もモバイル機器を弄り回すのでした。

2018年7月5日木曜日

実用 Gemini PDA 〜カメラなど〜

カメラユニットも到着したGemini PDAを愛用しています。
Rootを取らずともシステムキーを入れ替えることがわかったので、テキスト入力マシンとしてかなり快適になりました。

確かにノートPCや、フルサイズのキーボードを備えたPomera DM200には叶いませんが、ポケットサイズという事を考えたら最強だと感じています。
LTE機なので単体で通信ができることも便利なポイントです。
おかげで最近はよほどのことがない限りノートPCの出番はなく、Gemini PDAだけで外出しています。

当初はLinuxとのデュアルブート機として出資を募っていましたが、結局Android以外は快適に動かすのはまだまだ遠いようです。
私もデュアルブートだから出資したわけなので、現状には決して満足はしていませんが、中途半端なOSとデュアルブートするより今の安定したAndroid機として使い続けることを選びました。
つまりは安定環境を崩したくないほど気に入ってしまっているということです。

できたらこれ一台をメイン端末として使いたいとも考えていたのですが、到着したカメラユニットがピントボケボケのトイカメラ並なことや、キーを閉じるためのマグネットのせいでコンパスが動かず地図アプリが回転できないことなどもあり断念させられています。
カメラユニットは後付で元々はない予定だったので仕方ないとしても、コンパスが動かないのは開発中にもわかったことだと思うのにどうしてそのままにしてしまったのか?
非常に残念でなりません。

とにかく、嘆いてばかりでも仕方ないので、
現状を楽しむことにします。
コンパスは機械的な理由が大きすぎてリカバーできませんがカメラの方はソフトの工夫で何とかなりそうです。
先でも書きましたが、キーワードはトイカメラです。
トイカメラといえばそのままよりもフィルターを使う事で味のある画像を楽しんだりすることが多いと思います。
つまりGemini PDAもフィルター前提だと考えればいいのです。
またGemini PDAのシャッター音はかなり大きいので、店内でテーブル上の物をメモ撮りする場合などは無音カメラアプリを使ったほうが良いでしょう。
そして無音カメラアプリにはフィルターがついているものもあります。

元画像  
セピア  
トイカメラ

たしかに元の画像とは変わってしまいますが、これはこれでありではないかという気持ちになっています。

それから通常の画像もシャープネスやコントラストを変更することによって多少は絞まった画質にすることも出来ます。
また画像サイズを小さくするとボケが緩和されます。
絶対的な画質改善ではありませんが、知恵で楽しく使えることの方が建設的で良いと思います。

いろいろなところがありますが、クラウドファンディングでここまで満足する製品に出会うことはあまりなかったので、これに出資して本当に良かったと思います。
しばらく後継機の計画はないようですが、次作がでたらPlanet Computersにはまた応援してしまいそうです。

2018年6月29日金曜日

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替え その4

前回で完了したと思っていたGemini PDAのキー入れ替えですが……
やっぱり使っているうちにカーソルキーの並びのせいで誤タッチが多くなってしまいました。
前回の配置は[←][↑][↓][→]でしたが、文節変換を移動するときに[←]を押すつもりで[↓]の左を触り[↑]を入力してしまうという誤タッチです。

そこで[↑][←][↓][→]という配列にしてみようかと、5chのスレッドでも提案してみたところ「賛同者」と「現状で十分」と「上下を入れ替えて」の意見を見かけました。
結局は個人の好みになってしまうのだとわかりました。

というわけで、キー配置を3タイプ用意して、自分にあったカーソル配列をインストールすればいいじゃないか! ……という結論に至りました。

解凍すると「How to.txt」の他に「_x」「_y」「_z」の3つのapkが出てきます。
 《Type Y》  [↑][←][↓][→]
 《Type Z》  [←][↓][↑][→]
 《Type X》  [←][↑][↓][→]
という配列です。
アンインストールを繰り返す必要がありますが、ご自分に合った配列を探せるのではないでしょうか?

2018年6月27日水曜日

Gemii PDAのカメラユニットが到着した!

Order Lockedになってからほぼ1ヶ月、やっとGemini PDAのカメラユニットが届きました。
トラッキングナンバーが来ないと思ったら普通郵便で送られてきました。
送料を抑えるためには仕方ないのでしょう。

中を開けると、普通にアクセサリー品という商品パッケージが出てきました。

中央の細かい部品がカメラユニット。
手前は交換用カバー、奥が取り付け説明書です。

リムーバーでバリッとカバーを剥がします。
中央のソケットがようやく日の目を見ます。

これがカメラユニット。
レンズ保護のブルーシールが貼られています。

ユニットを入れてコネクターをつなぎます。
右側にあるパーツは、カメラユニットを抑えるプラスティックカバーです。
プラスティックカバーもカチッとハマります。
ここで一度再起動して、カメラアプリで動作チェック。

問題なければ専用カバーに交換です。
いわゆる目玉おやじに変身です。

さて、実際の画質ですが……お世辞にもキレイとは言えません。
屋内で光量不足ということもあると思いますが、ボケボケです。
これは本当にメモ程度にしかなりませんね、うーん……

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替え その3

前回で「ー」を単体で打てるようにして快適になったのですが、
5chの情報でRootを取らなくてもカーソルキーの入れ替えは可能であると知りました。
これは是非やらねば!

ということで、現在は下記のキー配置になりました。
これで、通常のキーボードと同じく[M][,][.]の順番に並びました。
Gemini PDAはキートップが簡単に外せるので、入れ替えが楽ですね!

【現在のカスタマイズ状況】
・「。」に「、」のキーを移動
・「↑」に「。」のキーを移動
・「、」に「←」のキーを移動
・「←」に「↑」のキーを移動
・「:」を「ー」に変更
・「Fn + U」に「:」を新設
・「Fn + S」にメディア再生機能(印字どおり動くようにした)
・「Fn + X」にミュートを新設
となります。

多分これ以上は動かさないと思います。
(動かすとしてもカーソルキーの順序くらいでしょうか?)

なお私が作ったapkファイルは前回同じ場所に上げています。
使用する場合は自己責任でお願いします。

2018年6月18日月曜日

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替え その2


前回でapkに再署名できるようになってからいろいろとキー配置を試行錯誤しています。


日本語の入力は句読点を多用するため「、」と「。」の入れ替えは私にとって成功でした。
となると「ー」をワンキーで入力したくなります。
5chんpGemini PDAスレを見ていると単体記号のキーである「:」に「ー」を当てているという意見を見かけました。
なるほど、これは良さそうです。

そこで実際に行ってみたところ、ひじょうに快適になりました。
本来の居場所を失った「:」ですが、空きのある「Fn+U」に逃がしています。
本当は本来の「:」があった場所に「Fn+:」で入れたかったのですが「Sym」の印字があるとおりそこを奪うにはRootが必要なようでした。

また「Fn+S」にメディア再生、「Fn+X」にミュートをつけました。
(ただしこちらは文字入力中は有効になりません)

まとめると
・「、」と「。」の入れ替え
・「:」を「ー」に変更
・「Fn+U」に「:」を親切
・「Fn+S」にメディア再生機能(印字どおり動くようにした)
・「Fn+X」にミュートを新設
という変更を行いました。

印字どおりに変更するということは不可能になってしまいましたが、ワンキーで「ー」が打てるのはポリシーを曲げてでも行って正解でした。
これでGemini PDAだけでも快適にブログが打てるようになりました。

私が作ったapkファイルは前回同じ場所に上げています。
使用する場合は自己責任でお願いします。

2018年6月14日木曜日

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替えをやってみた

便利なGemini PDAですが、小さい筐体にフルキーを詰め込もうというのですから、どこかに無理が出てきます。
私が特に気になっているのは入手当初のレビューでも書いたとおり、「。」「、」の位置がずれていることです。
これについては多くのユーザーも不満に思っているようで、Rootを取ってキーマップの編集などをおこなっている方も見受けられます。

しかしRootを取らずにキーの入れ替えを行う方法もあるようです。

Gemini PDAのキーボードをカスタマイズ。ショートカットを使うならBlackBerry Launcherを使うても
こちらを参考にキーの入れ替えに挑戦してみました。

まず、自分のGemini PDAからGeminiキーボードをapkファイルとして取り出します。

拡張子をzipに変えると中のファイルを解答できますので、rowフォルダー内にあるkeyboard_layout_japanese_eng_gemini.kcmを参考に
keyboard_layout_japanese_gemini.kcmの中身を書きまえます。
簡単に言えばまるっとコピペしました。
その上で、COMMAとPIRIODの中身を入れ替えました。

あとは先のサイトのリンク先を参考に再apk化して署名を行って完成です。

すると上の写真のようなキー配列に変えることが出来ました。
中指で句読点が打ててちょっとだけストレスが軽減できそうです。

本当は「↑」と「。」の位置も入れ替えたかったのですが、カーソルの入れ替えはkcmファイルだけでは無理なようでした。
ここから先はrootが必要かもしれません。

ところでkeyboard_layout_japanese_eng_gemini.kcmを直接編集しなかったのは、不具合が合った時にすぐに戻せるからです。
keyboard_layout_japanese_gemini.kcmではなくても自分が使っていないファイルなら何でも良いのですが、並んでいるファイルのほうが選択しやすいので「_eng」なしのファイルを使いました。
このあたりはご自分の使いやすさに合わせると良いでしょう。

ともかく初めてakpファイルの再署名を行ってみましたが、意外と簡単に出来て驚きました。

とりあえずこれを入れてみたい方はこちらからダウンロードしてください。

追記
 Google Driveへのリンクが間違えていたので修正しました。