Translate

2020年2月13日木曜日

ジャストサイズファブレットSH-06Fをゲット

先日、ハードオフ巡りをしたときに、SH-06Fというファブレットを購入しました。

これは2014年に発売されたシャープ製の端末で、OSは4.4.2が最終アップデートです。

確かに今から考えるとかなり古いOSになります。
それを承知で購入したのは、電車の中で電子書籍を読むためのビュワーとして利用することに限定しようと考えたからです。

私は常日頃はChromebook Tabを持ち歩いています。
性能的にはかなり気に入っているのですが、ただのビュワーとして考えるとちょっと重たいのです。
そこで軽く使い易い端末を欲していました。
それがSH-06Fでした。

実際に使ってみると古いOSならではの問題を思い出しました。
それは「SDカードへの利用制限」です。
ファイルのコピ-などでSDカードに書き込みが出来ないのです。
この制限に対し端末メーカーは独自のファイラーを用意する事で対処していましたが、どうやらSH-06Fでは用意されていないようでした。

ー応コピーだけならSDカードに書き込み出来るファイラーもあるようですが、削除はダメな様子です。
本当にGoogleはなくという制限をつけてくれたのでしょう?
しかしそこさえ我慢すれば、ビュワ-としてしても良いサイズです。
何よりドコモ端末なので、格安SIMが入れられ、単体で通信できるのがChromebook Tabより優れています。

その昔、Xperia Z Ultraというスマホとしては巨大な端末がありました。
しかしその大きさゆえの使いやすさは一部のユーザーでは神機と歌われましたあ。
それに比べると一回り小さいですが(ただ横幅はSH-06Fの方が広い)、このくらいがいいのではないでしょうか?

かなり気に入っているだけにOS 4.4.2止まりというのがもったいないです。
せめてOS 5.0だったら……バッテリー切れのZ Ultra直すかな?


2020年1月30日木曜日

Unihertz Titan をメインにするために

重いだなんだと言っていたunihertz Titanですが毎日持ち歩いている間にだんだん慣れてきてしまいました。
そうなると6000mAhというスタミナが魅力的になってきます。
バリバリ使っても2日は平気なバッテリーの安心感は素晴らしいものです。
そしてこう考えるようになります。
「これ、メインにしても良いんじゃないかな?」

以前ピタロスを記事にしたとおり、私はSuicaを端末の後ろに着けて運用しています。
あえてモバイルSuicaにしないメリットは、気軽に端末を交換できることと、非対応機種でも関係ないことです。
今回の話題は「Titan用のカードホルダー」を購入です。

貼り付けるタイプのカードホルダーは実は100均でも売っています。
しかし今回はスタンドにもスマートリングにもなる物を購入しました。
Amazonで約1000円でした。
Titanに貼り付けるとこうなります。
背面の形状のせいで下まで下ろせず、フラッシュが隠れてしまいます。
変形させるとスマホリングが使えます。
ここに指を通せば重くて大きなTitanが安定し、落としにくくなります。
この状態はスタンドとしても機能します。
先の説明のようにもっと下まで下げられれば安定するのですが、この状態でも一応問題なさそうです。

実際にSuicaを入れて使ってみましたが、自動改札も問題なく通れました。
これでメイン端末化が進みそうです。


2020年1月20日月曜日

その後のMacbook Airのバッテリー

先日、Macbook Airのバッテリーが膨張したので交換しました。
その取り外した方のバッテリーなのですが、恐ろしいことになっています。

わかるでしょうか?
右側の3セルに比べると左側の3セルがあきらかに膨張しています。
交換したときはまでそこまでひどくなかったのですが……
そのうちの一つなどは基板から完全に浮き上がっています。
真横から見るとこの状態。
お餅ですかっていうくらいの膨れ具合です。

交換してからまだ一週間も経っていないでここまで……
膨張に気づいてすぐに交換したから良いものの、もしここまで気づかなければMackbook Airは壊れていたか、内部ショートして発火していたでしょう。

皆さんも、バッテリーの膨張は危険ですのでご注意ください!

2020年1月19日日曜日

画面割れジャンクiPhone6をリペアしてみる

先日、ハードオフ巡りをしていた時にジャンクのショーケースの中にあるiPhone6を見つけました。
AU版の64GBで、画面が割れているので4400円(税込み)とのことでした。

基本はAndroidな私なのですが、この値段ならゲーセンでちょっと遊んだくらいなので買ってみることにしました。
私はAUのSIMを持っていないので、Docomo系のIIJmioで使えるようにSIM下駄を購入。
秋葉原のあきばお~で1200円でした。
しかし設定方法は自分で調べるようにとのこと。
購入したのはR-SIM14という商品。

ネットで調べるとおなじR-SIM14なのに設定の方法が複数ありました。
コピー商品があるために方法も複数あるようです。
自分の持つSIM下駄の設定方法を探すのは何度かトライ&エラーを行いましたが、何とか成功。
無事にDocomoの電波をつかんで使用することができるようになりました。

そうなると、画面の割れが気になります。
しかしこれも自分で修理することができます。

For iPhone 6 フロントパネル 画面交換修理 LCD タッチパネル 、液晶パネル フロントガラス デジタイザ 、ガラス LCD スクリ+修理工具セット付き-白
amazonでこの商品を購入しました。

中身を開けると、交換手順書が入っているのでとても助かります。

また専用工具も一通り入ってるので、自分で用意する必要はありません。

手順書に従って分解。
ここから旧画面パネルから、指紋センサーや照度センサー、スピーカーなどを新パネルに移植する必要があります。
特に指紋センサーは本体と紐づけされているため、移植は必須です。
ここが老眼の私には細かくて大変でしたが、何とか成功。
無事に交換完了。
ヒビがなくなったのでとても見やすくなりました。

本体が4400円、パネルが2000円ほど。
合計6400円ですが……これなら安いちゃんとしたものを探しても同じでしたでしょうか?

2020年1月18日土曜日

最近の Unihertz TiTAN

重いだのキーボードがいまいちだと言いながら、結構真面目に使っているところです。

大きさ、重さと引き換えに搭載した6000mAhのバッテリーは驚異的で待受に専念すれば一週間、普通に使っても3日は持ちそうなほどです。
このバッテリーを心配しなくてよいというのは精神的にとても楽です。

ただスクエア液晶の弊害でまともに動作しないアプリがあるのも事実。
それがその人にとって重要なアプリならばメイン昇格は諦めるしかありません。
例えば、tohoシネマアプリがそれで、起動させようとしても画面回転を繰り返して止まらず使えません。
一応、対応策としてローテーションコントロールというアプリを使って、強制的に回転を止めることで対処できますが、このような対処方法が取れない場合はアプリの使用を諦めるしかありません。
また起動はできるものの、画面内にタッチエリアが収まらないものもあります(例 ポケモンgo)

blackberryではアプリを縦長で使うモードがアプリごとに設定できたのでそれで対処できました。

取りこぼしの多いキーボードはAquaMozcで解消されゲームさえしなければそれほど不都合はない端末という評価になり、場合によってはこれをメイン機としても良さそうだと思えるようになって来ました。

そんなUnihertz Titanですが、1月16日のアップデートでまるで別物のように使えるキーボードに生まれ変わりました。
比べてしまえばAquaMozcには及びませんが、それでもノーマル状態のまま使えと言われても大丈夫と思えるほどには改善しています。

さらに搭載されたミニモード。
これがBlackberry OS10でAndroidアプリを動かすときと同じく、縦長の画面にするモードです。
これによりポケモンGoもtohoシネマアプリも問題なく動作できるようになりました。
これだと下のエリアが見えず、しかもスクロールができないのでどうやっても内容が観られません。
そこでミニモードに変更
このように下のエリアが見ることができ、ちゃんとスクロールもできます。

ただ逆に悪化したものもあります。
それがキーボードによるタッチパッドスクロールです。

これはブラウザやtwitterを見るときに重宝していたのですが、アップデートにより感度が高くなってしまったようで、触っていないのにどんどん動くようになってしまいました。
自分の操作を離れて勝手に動き回られるので、やむなくoffにしました。

ともあれ、今回のアップデートでキーボードの取りこぼしが改善され、もしAquaMozcがなくてもカーソル移動さえ我慢できればノーマルで使える端末になりました。
やはり長文を打つのはqwertyのある端末が一番ですね。

2020年1月14日火曜日

Macbook Air のバッテリーを交換

ノートPCといえば、ジャンクにUbuntuやChromebookの事ばかり書いている私ですが、実はMackbook Airも持っています。
先日、ふと久々に出してみたら、なんとキーボードと液晶がきちんと閉まっていない。
そうです、バッテリーが膨張してしまっていたのです。
おかげでタッチパッドの右側が押し上げられて、剥がれて見えます。
いつ爆発してしまうかわからないので、早く取り外さないと危険です。

というわけで、Amazonでバッテリーを注文しました。
純正品ではありませんが、安かったのでこれにしました。
背面ネジを外す、星型ドライバーも2本付属しており、これ一つで交換ができるのがありがたいです。

バックパネルを開けてビックリ!
バッテリーの膨張がすごい!
3つのセルパックが、パンパンです!
右側の3セルは無事ですが、それゆえに膨張がよくわかります。
これはキーボードが変形してもおかしくない。

早速取り外して、手に入れたバッテリーと交換です。
互換バッテリーでもピッタリです。
6セルではなく、4セルなんですね。
無事元に戻りました。
現在はこのブログを書きながら充電中です。

2020年1月11日土曜日

Unihertz TiTAN と HDMI

Twitterを見ていたら「Unihertz TiTANはHDMIにつながるのか?」というものを見つけました。

そういえば、試していませんでした。
というわけで早速やってみましょう。
幸い、Type-CからHDMIにつなぐアダプタを2つほど持っています。

結論から言うと、両方共動きませんでした。
メインで使っているhtc U11はちゃんと出力されるのでアダプタが壊れているわけではないようです。

TiTANではHDMI出力は無理なのでしょうか?

というわけで別の方法を用意。
ChromeCast〜

これなら問題ありませんね。
画面比率の関係でこういう出力になってしまいますが。