Translate

2018年6月18日月曜日

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替え その2


前回でapkに再署名できるようになってからいろいろとキー配置を試行錯誤しています。


日本語の入力は句読点を多用するため「、」と「。」の入れ替えは私にとって成功でした。
となると「ー」をワンキーで入力したくなります。
5chんpGemini PDAスレを見ていると単体記号のキーである「:」に「ー」を当てているという意見を見かけました。
なるほど、これは良さそうです。

そこで実際に行ってみたところ、ひじょうに快適になりました。
本来の居場所を失った「:」ですが、空きのある「Fn+U」に逃がしています。
本当は本来の「:」があった場所に「Fn+:」で入れたかったのですが「Sym」の印字があるとおりそこを奪うにはRootが必要なようでした。

また「Fn+S」にメディア再生、「Fn+X」にミュートをつけました。
(ただしこちらは文字入力中は有効になりません)

まとめると
・「、」と「。」の入れ替え
・「:」を「ー」に変更
・「Fn+U」に「:」を親切
・「Fn+S」にメディア再生機能(印字どおり動くようにした)
・「Fn+X」にミュートを新設
という変更を行いました。

印字どおりに変更するということは不可能になってしまいましたが、ワンキーで「ー」が打てるのはポリシーを曲げてでも行って正解でした。
これでGemini PDAだけでも快適にブログが打てるようになりました。

私が作ったapkファイルは前回同じ場所に上げています。
使用する場合は自己責任でお願いします。

2018年6月14日木曜日

《root不要》Gemini PDAのキー入れ替えをやってみた

便利なGemini PDAですが、小さい筐体にフルキーを詰め込もうというのですから、どこかに無理が出てきます。
私が特に気になっているのは入手当初のレビューでも書いたとおり、「。」「、」の位置がずれていることです。
これについては多くのユーザーも不満に思っているようで、Rootを取ってキーマップの編集などをおこなっている方も見受けられます。

しかしRootを取らずにキーの入れ替えを行う方法もあるようです。

Gemini PDAのキーボードをカスタマイズ。ショートカットを使うならBlackBerry Launcherを使うても
こちらを参考にキーの入れ替えに挑戦してみました。

まず、自分のGemini PDAからGeminiキーボードをapkファイルとして取り出します。

拡張子をzipに変えると中のファイルを解答できますので、rowフォルダー内にあるkeyboard_layout_japanese_eng_gemini.kcmを参考に
keyboard_layout_japanese_gemini.kcmの中身を書きまえます。
簡単に言えばまるっとコピペしました。
その上で、COMMAとPIRIODの中身を入れ替えました。

あとは先のサイトのリンク先を参考に再apk化して署名を行って完成です。

すると上の写真のようなキー配列に変えることが出来ました。
中指で句読点が打ててちょっとだけストレスが軽減できそうです。

本当は「↑」と「。」の位置も入れ替えたかったのですが、カーソルの入れ替えはkcmファイルだけでは無理なようでした。
ここから先はrootが必要かもしれません。

ところでkeyboard_layout_japanese_eng_gemini.kcmを直接編集しなかったのは、不具合が合った時にすぐに戻せるからです。
keyboard_layout_japanese_gemini.kcmではなくても自分が使っていないファイルなら何でも良いのですが、並んでいるファイルのほうが選択しやすいので「_eng」なしのファイルを使いました。
このあたりはご自分の使いやすさに合わせると良いでしょう。

ともかく初めてakpファイルの再署名を行ってみましたが、意外と簡単に出来て驚きました。

とりあえずこれを入れてみたい方はこちらからダウンロードしてください。

追記
 Google Driveへのリンクが間違えていたので修正しました。

2018年6月9日土曜日

Asus Chromebook Flip C100PA その後

Asus Chromebook C100PAを手に入れてから1ヶ月ほど経ちました。
やはり買ってよかったガジェットだと感じています。
まず、サイズがちょうどいい。
これより大きいと持ち運びのカバンが大型化するし、これより小さいと画面は小さくなり一覧性が下がりますし、キーボードも窮屈になります。

性能はChromeOSを使っているところで割り切りがありますので、必要十分としか言えませんが、昔のChromeOSと違ってやはりAndroidアプリが使えるので出来ることが増えました。
ブラウザベースのサービス以外にも活用できるのはとても楽です。

パネルを開けばすぐに使える起動の速さや、10時間のバッテリー駆動時間はコンセントを確保するという心労からも開放してくれます。
最近は家の中でもC100PAを多用しており、Windowsが必要でないときはこれだけで過ごしています。
特に私の私室が屋根裏部屋なので、これからの季節は暑くて部屋に居られません。
軽快なC100PAをもって家の中の涼しい場所に移動することになるでしょう。

中古で買い不都合のあったトラックパッドの中央部分がコーティング剥げで滑りが悪かった部分ですが、100均でアンチグレアのスマホ液晶保護フィルムを買ってきて、貼り付けたところ非常に快適になりました。
二本指ゼスチャー操作もこれで問題なく出来るようになりました。

逆にC100PAで残念なのが「ACコネクタが特殊形状」であることです。
このあとのC101PAからUSB給電に変更になったそうなので、もしバッテリーが減ってきたならばモバイルバッテリーで充電できます。
旅行に持っていく機会が多い人はC101PA以降の新しい機種にしたほうが良いでしょう。


2018年6月7日木曜日

Gemini PDA のキーボードマット交換

私の手に入れたGemini PDAは1stロットです。
早く手に入れられたのは良いのですが、キーボードの出来は思ったほどではありませんでした。
戻ってこないキーにスポンジを仕組むなど、個人的な対応をして使ってきましたが、徐々に戻ってこないキーが増え、かなり困ったことになっていました。
そのキーの出来は1stロットでかなり問題になったらしく、2ndロットからは改良版のキーボードマットが搭載され解消されました。

そこで思い切ってPlanet Computersにメールを送り、2ndロットのマットをもらえないかと聞いたところ、快く送ってもらえることになりました。

というわけで、今日その新型キーマットが届きました。

まずはすべてのキーを取り外す必要があります。
かなりホコリも溜まっていました。

見た目は同じなのですが、新しいマットはちょっと固めです。
キーを押し返す力を大きくした結果でしょう。

戻してタイピングしてみると、明らかにキーを押し返す力が上がっています。
頼りなかったキーがかなりしっかりとするようになりました。
これは替えて正解です!

これで私のGemini PDAもキーフィールだけは2ndロット同等になりました。
(CPUはX25ですが……)

もし私のように1stロットで、キーの戻りが悪くて困っている人はPlanet Computersにメールして送ってもらうと良いと思います。
サポートをしっかりしてくれるPlanet Computersに感謝です!


=追記=
ちなみに私が送ったメールはこの程度のものですが、ちゃんと対応してもらえました。
Hello.
I received the 1st lot of Gemini PDA.(My Order ID was ****)
The keys of the keyboard do not return and feel inconvenience.
Can you send me an improved keyboard?
Thank you for your consideration.
送り方はIndigogoのView Order Detailsから入り、右のPlanet社マーク下の「CONTACT」からメールを送りました。

参考になれば幸いです。

2018年5月11日金曜日

Asus Chromebook Flip C100PAを手に入れた!

ヤフオクでChromebookであるAsus Chromebook Flip C100PAを¥14,500-で落札しました。
2GBの日本語キーモデルです。
メルカリだと¥23,000-で4GBのUSモデルがあったのですが、5千円以上安く手に入れられたので良しとしましょう。

ChromebookはAcerのC720を持っているのですが、C720はAndroidアプリに対応しません。
そこでAndroidに対応しているC100PAが欲しかったのです。

本当ならばLTE対応のPixelbookが良いのですが、日本では販売しておらず、米アマゾンから直接購入したとしても10万円超えと高価です。
しかし最近は車載Android用にWifiルータを使うようになったので無理にLTE対応でなくても良いかと思い、安く国内で手に入りやすいC100PAに踏み切ったのです。

到着してみて、程度は確かにBランク品でした。
特にトラックパッドの中央のコーティングが剥げているのが指触りが良くないです。

本体がアルミなので、擦れてできた傷が目立つものもあります。

前のオーナーは結構乱暴な使い方をしていたようです。
これも中古なので納得して使うしかないでしょう。
逆にあまりきれいすぎないので、過保護に使わなくても良いという精神的な余裕が生まれることをメリットとしようと思います。

実際に使ってみた感想ですが、キータッチはかなり好みです。
アルミ筐体なのでタイピングのときに撓みがないからとても軽く打ちやすいです。
Windowsなどの安価なネットブックだとこのあたりはプラスティックを使っているので、どうしてもタイピングのときにグニャグニャと撓みます。
撓んだとしてもちゃんと入力はできるのですが、タッチフィールは段違いです。
また10インチのディスプレイを持つ筐体は持ち歩きに最適なサイズだと思います。
回転によりタブレットにもなるギミックは他の機種でもありますが、いざ使ってみると物理キーが背面に回るので、持っている面にキーが来るため手に違和感があります。
このあたりは平面な仮想キーのYogaBookの方に軍配が上がります。
しかし私の使い方としてタブレットモードを使うことはかなり稀で、キー入力がメインなのでYogaBookよりC100PAの方が使い勝手が良さそうです。

今回購入した一番の動機であるAndroidアプリについては、すべてのアプリを試しているわけではないが、ほぼ問題がなく感じる。
本来のChromeOSでは基本的にブラウザ上で動作させるが、例えばYoutubeを見ながらブログを更新しようとするとブラウザのタブを分離しなければならなりません。

そこでAndroidのYoutubeアプリを使うと最初から小さな画面でYoutubeを見ながらブログ更新を行えます。
ブラウザでも同じようなことができるわけですが、操作性はアプリのほうが上ですね。

他にもAndroidの便利なアプリを使えることはかなりメリットです。
Gmailアカウントが共通ならばすでに購入したアプリは追加費用を発生させずに使用できます。
私はJota+にProキーを入れ、縦書きプラグインもドネイトしているので、スマートフォンよりもキーボードのしっかりしたC100PAで使えることはかなりの生産性向上になリます。

Acer c720と比べてみた場合、画面サイズでは負けるものの、このキーサイズが個人的に一番しっくりきます。
アンチグレアではない画面は見た目にも美しいです。
ただ映り込みを嫌うユーザーもいるかもしれないので、そのあたりは評価が分かれるでしょうが、もし映り込みが嫌ならば、追加でアンチグレアの保護フィルムを貼れば良いわけです。
逆はできないので、一応C100PAに分があると思います。

先日自作した帆布バッグにもちょうどいいサイズなので、これからしばらくはC100PAをメインに使ってみたいと思います。


2018年4月30日月曜日

第4世代のKindle を手に入れた!

GWの旅行先ですることと言えば、バードオフに立ち寄ること。
今回は仙台のハードオフでKindle Fire HD6を買ってきました。
片手で持てるサイズが欲しかったのでちょうど良かったです。

起動すると、OSは第4世代のままだったので手動アップデートで、OS5に上げました。
しかし、私はKindle端末を複数台持っており、さらにAndroidにもアプリを入れているため、エラーが出てしまいました。
一応本は読めますが、アプリストアに入れません。
そこで、Google Play対応を行いました。
このおかげで、Google 経由でアプリをインストールするしたり、アップデートできるようになりました。

これで、またまだ、使えますね!



2018年3月26日月曜日

激安ジャンクルーターを買った!

今日、暇を持て余して秋葉原を散策しました。
その時、GEOのジャンクスマホを物色していたら、
なんとファーウェイ製のXiルーターHW-01Fが980円で売られているのを発見。
ネットで調べてみて、ちゃんとMVNOのSIMでも動くことがわかったので安心して購入しました。

家に持ち帰り、IIJmioのSIMを入れてみると自動的に時計があいます。

設定をすると、MVNOでもちゃんとルーターとして機能しました。

どこがジャンクだったのかイマイチ不明です。
こんなに安い値段でルーターが手に入ったので満足です。

実は2週間ほど前に、NECのAterm MR03LNを2980円で購入したばかりだったのですが、
色が可愛いのでこっちに愛着が湧きそうです。