Translate

2018年5月11日金曜日

Asus Chromebook Flip C100PAを手に入れた!

ヤフオクでChromebookであるAsus Chromebook Flip C100PAを¥14,500-で落札しました。
2GBの日本語キーモデルです。
メルカリだと¥23,000-で4GBのUSモデルがあったのですが、5千円以上安く手に入れられたので良しとしましょう。

ChromebookはAcerのC720を持っているのですが、C720はAndroidアプリに対応しません。
そこでAndroidに対応しているC100PAが欲しかったのです。

本当ならばLTE対応のPixelbookが良いのですが、日本でははんばいしておらず、米アマゾンから直接購入したとしても10万円超えと高価です。
しかし最近は車載Android用にWifiルータを使うようになったので無理にLTE対応でなくても良いかと思い、安く国内で手に入りやすいC100PAに踏み切ったのです。

到着してみて、程度は確かにBランク品でした。
特にトラックパッドの中央のコーティングが剥げているのが指触りが良くないです。

本体がアルミなので、擦れてできた傷が目立つものもあります。

前のオーナーは結構乱暴な使い方をしていたようです。
これも中古なので納得して使うしかないでしょう。
逆にあまりきれいすぎないので、過保護に使わなくても良いという精神的な余裕が生まれることをメリットとしようと思います。

実際に使ってみた感想ですが、キータッチはかなり好みです。
アルミ筐体なのでタイピングのときに撓みがないからとても軽く打ちやすいです。
Windowsなどの安価なネットブックだとこのあたりはプラスティックを使っているので、どうしてもタイピングのときにグニャグニャと撓みます。
撓んだとしてもちゃんと入力はできるのですが、タッチフィールは段違いです。
また10インチのディスプレイを持つ筐体は持ち歩きに最適なサイズだと思います。
回転によりタブレットにもなるギミックは他の機種でもありますが、いざ使ってみると物理キーが背面に回るので、持っている面にキーが来るため手に違和感があります。
このあたりは平面な仮想キーのYogaBookの方に軍配が上がります。
しかし私の使い方としてタブレットモードを使うことはかなり稀で、キー入力がメインなのでYogaBookよりC100PAの方が使い勝手が良さそうです。

今回購入した一番の動機であるAndroidアプリについては、すべてのアプリを試しているわけではないが、ほぼ問題がなく感じる。
本来のChromeOSでは基本的にブラウザ上で動作させるが、例えばYoutubeを見ながらブログを更新しようとするとブラウザのタブを分離しなければならなりません。

そこでAndroidのYoutubeアプリを使うと最初から小さな画面でYoutubeを見ながらブログ更新を行えます。
ブラウザでも同じようなことができるわけですが、操作性はアプリのほうが上ですね。

他にもAndroidの便利なアプリを使えることはかなりメリットです。
Gmailアカウントが共通ならばすでに購入したアプリは追加費用を発生させずに使用できます。
私はJota+にProキーを入れ、縦書きプラグインもドネイトしているので、スマートフォンよりもキーボードのしっかりしたC100PAで使えることはかなりの生産性向上になリます。

Acer c720と比べてみた場合、画面サイズでは負けるものの、このキーサイズが個人的に一番しっくりきます。
アンチグレアではない画面は見た目にも美しいです。
ただ映り込みを嫌うユーザーもいるかもしれないので、そのあたりは評価が分かれるでしょうが、もし映り込みが嫌ならば、追加でアンチグレアの保護フィルムを貼れば良いわけです。
逆はできないので、一応C100PAに分があると思います。

先日自作した帆布バッグにもちょうどいいサイズなので、これからしばらくはC100PAをメインに使ってみたいと思います。


2018年4月30日月曜日

第4世代のKindle を手に入れた!

GWの旅行先ですることと言えば、バードオフに立ち寄ること。
今回は仙台のハードオフでKindle Fire HD6を買ってきました。
片手で持てるサイズが欲しかったのでちょうど良かったです。

起動すると、OSは第4世代のままだったので手動アップデートで、OS5に上げました。
しかし、私はKindle端末を複数台持っており、さらにAndroidにもアプリを入れているため、エラーが出てしまいました。
一応本は読めますが、アプリストアに入れません。
そこで、Google Play対応を行いました。
このおかげで、Google 経由でアプリをインストールするしたり、アップデートできるようになりました。

これで、またまだ、使えますね!



2018年3月26日月曜日

激安ジャンクルーターを買った!

今日、暇を持て余して秋葉原を散策しました。
その時、GEOのジャンクスマホを物色していたら、
なんとファーウェイ製のXiルーターHW-01Fが980円で売られているのを発見。
ネットで調べてみて、ちゃんとMVNOのSIMでも動くことがわかったので安心して購入しました。

家に持ち帰り、IIJmioのSIMを入れてみると自動的に時計があいます。

設定をすると、MVNOでもちゃんとルーターとして機能しました。

どこがジャンクだったのかイマイチ不明です。
こんなに安い値段でルーターが手に入ったので満足です。

実は2週間ほど前に、NECのAterm MR03LNを2980円で購入したばかりだったのですが、
色が可愛いのでこっちに愛着が湧きそうです。

謎解きゲームに感動した!

みなさん、謎解きは好きですか?
私は好きです。

リアル脱出ゲームなども何度か参加したことがありますが、このようなアトラクションは時間制限があるのが難点です。
なので時間制限のない謎解きの方が自分のペースで進められるので好きです。
東京メトロが年に一度行っている物を遊んでから謎解きゲームにはまったのですが、他にも謎解きゲームはたくさんあります。
タカラッシュ!が企画している謎解きゲームは全国にあります。

関東の謎解きは現在28個あるようです。
その中で今回参加したのはこちら、

舞台となるのは秋葉原と神田の間にある万世橋のmAAch Ecute
ここは昔駅で、少し前は交通博物館だったところです。
その歴史を利用した謎解きになっています。

このリカーショップで1部1,000円にて謎解きセットが購入できます。

これが謎解きセット。
内部には鉛筆も入っているので、何も用意をしていかなくても購入するだけで遊べます。
もし準備しておくと良いものがあるとすれば、消しゴムでしょうか?

外のテーブルでは謎解きをしている人がたくさんいます。
互いに推理が聞こえないように配慮しながら遊びましょう。

内容についてはネタバレはご法度なので、詳しいことは言えません。
しかし今回の謎解きは古書と大正文学がテーマになっているので、それにちなんだ本が出てきます。
この本がとても良くできていて、雰囲気作りがバッチリです。

テーマパークの謎解きゲームだといろいろと移動しなければならないのですが、今回はこのEcute内だけで完結するため、移動より謎のほうがメインになっています。
それだけ難易度も高くなります。
一応、「大人の謎解き」となっているので、小さいお子さんだと辛いと思います。
それでも、詰まったときのためにWebにてヒントが見られるようになっていますから、最後まで諦めずに挑戦してみてください。

私はもちろんノーヒントで最後まで解きましたよ!
(一人ではなく妻と知恵を合わせながら、ですが……)

橋の袂のここがEcute内への入り口です。

Ecute内は雰囲気の良いショップがありますので、それを観ているだけでも楽しいです。


昔の神田万世橋駅のジオラマもあり、これが謎解きの雰囲気にぴったりです。

神田川沿いに細く伸びる駅のプラットフォームを利用しているmAAch Ecute、
赤レンガがステキな建物です。

謎が一段落したら、駅ホームを利用した2Fの食堂で食事をしながらゆっくりと次の謎を解くのもいいですね。

平均2~3時間で解けるようなので、週末の暇つぶしに、謎解きはいかがですか?
恋人や友達と参加すると、ヒントを見ずに互いに意見を出し合って解けるので楽しいですよ!

2018年3月13日火曜日

ZTE M Z-01K を使いやすく

現在私がメインで使っているスマートフォンは ZTE M Z-01K という二画面スマフォです。 結構気に入っているのですが、一番の問題なのは畳んだ状態で背面の液晶が滑ることです。
普通に置いておくと、少しでもテーブルが傾いていると突然滑り出して下に落下してしまうのです。
「そんなに傾いたテーブルってある?」
そう思われるかもしれませんが、喫茶店のテーブルなど、けっこう傾いているものです。
人間には感じなくても、Z-01K は敏感に反応して滑っていくので良くわかります。

落下防止にシリコンストラップをつけているので、出来るだけシリコンストラップを下になるようにして、滑り止めにしているのですが、どうしても万能ではありません。

以前使っていた吸盤式のリングはテーブルに置いたとき、滑り止めになっていたのですが、本体が傾く上に、カメラを使うとき毎回はずさねばならないので、使うのを止めてしまいました。

そこでふと思ったのが滑り止めを貼ることです。

しかし、普通の滑り止めは本体を厚くするだけです。
いろいろ悩んだあげく見つけたのが「モビロンバンド」
ラーメン屋さんなどで女性の髪が丼に入らないように置いてある、使い捨ての髪ゴムのアレです。
 薄いので本体に付けても違和感ありません。
そして滑り止め効果はしっかりあります。
薄いのでヒンジの隙間に入っても邪魔になっていません。

裏からみるとこんな感じ。

モビロンバンドの良いところは、ゴムほどの滑り止め効果はなく、適度に滑ることです。
つまりポケットに入れても過剰に引っかからず、いつも通りに取り出せるのです。

たまたま手元にあったモビロンバンドが白だったのでこうなりましたが、黒があったら目立たずに馴染むのではないでしょうか?

ともかく、これで滑落のストレスから少し解放されました。

2018年3月12日月曜日

激安スマートウォッチを買ってみたら(追記あり)

私はスマートウォッチのPebbleを愛用しています。
初代のPebble Watchに始まり、デザインの良いPebble Time Round、 そしてオーソドックスで使いやすいPebble Timeを所有しています。
Pebble以外にもAndroid Wearのスマートウォッチを持っていますが、 どうしてもPebbleのバッテリーライフを知ってしまうと毎日充電が必要なものは使えなくなってしまいます。 
愛用のPebbleですが毎日使っていると徐々にバッテリーが劣化して新品のときほどのバッテリーライフを維持できなくなってきます。
そして買い換えようにもPebbleはFitbitに買収され、今市場にある商品で打ち止めになります。
そこで別のスマートウォッチを探し『スマートブレスレット i5Plus』を購入しました。
こちらのスマートウォッチ、最新版ではないためネットショップで2280円で売っていました。
 (最新で調べるとAmazonで1860円で売っていてショック!)
色は黒、青、赤の3色が売っていましたが、青にしました。

まず私がスマートウォッチに求める機能を説明します。 

①バッテリーライフが長いこと
②メールの通知が受け取れ、せめてタイトルか送り主がわかること
③音や光ではなく振動で気づかせてくれること
④防水能力があること

この3点です。
これらを満たしてくれるのがi5Plusでした。
実際に使ってみると、Pebbleほどでは無いものの私の要求を満たしてくれていることがわかりました。
安いスマートウォッチでは「Gmailの着信が通知されること」ができないものが多いようですが、i5Plusは大丈夫です。

専用アプリのZeroner Helthに登録すれば、ほとんどのアプリの通知を受け取ることができます。
そして通知はちゃんと振動で気づかせてくれます。 
目覚ましアラームも振動でおこなってくれるので、家族に迷惑をかけずに起きることができます。
ほぼ一週間使いましたが、バッテリー残量は60%ほど。
1回の充電で、20日くらい持ちそうです。
これは他のスマートウォッチに比べて驚異的だと思います。
 《3/17追記》
 3/16の夜にバッテリーが切れました。
 20日間は無理で12~13日間でした。
 本格的に使いだし、通知を増やした結果、バイブレーションの回数が増えたことが原因だと思います。
 しかし約2週間のバッテリーライフはかなりのものだと思います。

その分、機能は限定されていますが。

ではPebbleの方はできて、i5Plusで行えないことはなんでしょう? 

①Pebbleは受け取ったメールを既読にすることや、その場で返信することが出来るのですが、i5Plusではできません。
②Pebbleは今日の天気や、本日の予定表を確認できますが、i5Plusではできません。
③Pebbleは単体でアラームをセットできますが、i5Plusはスマホから登録しないといけません。
④Pebbleはウォッチフェイスを変更できますが、i5Plusはできません。
⑤その他アドインアプリがi5Plusには入れられません。

ざっとこの程度です。
確かにあれば便利な機能ですが、無くて困る機能では無いと思います。
機能を絞った安いスマートウォッチでも、十分役に立つと思いました。

「スマートウォッチなんて難しそう」
「使いこなせなかったら、無駄になりそう」
そう肩肘張って考えずに、安いもので試してみませんか?
通知を受け取れるだけで、かなり便利だということが分かると思います。
i5Plusは値段も安いので、スマートウォッチの入門にオススメです。
高価なものを買うのはこれで「もっといい機能が欲しい」と思ってからでも良いのではないでしょうか?

2018年3月8日木曜日

Gemini PDA のコンパス不動の理由?

クラウドファンディングで作られたGemini PDAにはいくつかの問題点があります。
その中の一つに「コンパスが動かない」という物があります。
一応GPSはちゃんと動くので、現在位置は知ることはできます。
コンパスは地図アプリを回転させるためには必要な機能なわけですが、これが動きません。
つまり、常に地図は北を向いた状態となります。
では、どうしてこのコンパスが動かないのでしょうか?

その理由は次の写真を見るとわかると思います。
Gemini PDA の液晶上端と、キーボード手前に結構強力な磁石がぐるりと入っています。
これは本体を閉じた時、勝手に開かないように止めるための仕掛けだと思います。
しかしこの仕掛が、内部の磁気コンパスを固着させているような気がします。

こうなると「アプリの不備で動かない」「システムアップデートで修正される」ということはないので、物理的に磁石を撤去するまでは動かないということになります。

Gemini PDA1台で済まそうと考えていたのですが、これではサブ機にしかなれませんね。