Translate

2009年9月26日土曜日

千葉県ダムツアー

千葉県には5カ所ダムカードがもらえる場所がある。

そのうち1枚は『利根川河口堰』で、すでに入手済み。
残るは、
 ・片倉ダム
 ・亀山ダム
 ・高滝ダム
 ・矢那川ダム
の4カ所である。
この4カ所は比較的近くに固まっており、一日で回れるのだ。
そこで、週末を使って一気に回ってしまおうと、今日の朝から出発した。

前回の湯西川ダムツアーでは、美味しい物が何も食べられなかった。
そこで、今回はまず富津金谷にある『漁師料理かなや』で食べることにした。


富津から海を見ると、対岸に三浦半島が見える。
かなり近い。


妻は『かなや丼』 私は『貝5品かき揚げ丼』
どちらも絶品!
まだ10:30だったが、腹を満たした後は、海を離れ内陸へ。
最初の目的地、片倉ダムに到着だ。


典型的な重力コンクリートダム。
高さ42.7メートルで、千葉県管理のダムでは一番高いそうです。

ダム湖側から見るとこんな感じ。
綺麗なダムです。
続いて、片倉ダムのすぐ近くにある亀山ダム。

こちらも重力コンクリートのオーソドックスなダム。
高さ34.5メートルで、やや小ぶり。

ダム湖側はこんな感じ。
あっという間に2つのダムを見た後は、一気に北上し、高滝ダムへ。

見慣れた重力コンクリートダムです。
こちらは高さ24.5メートルと更に低いです。

手前に記念館、向こう側に公園があり、観光地としてもばっちり。

ここの記念館2Fはレストランになっているのですが、そのレジでダムカードがもらえます。
そして、今回の最終目的地『矢那川ダム』に向かいます。
しかし、その付近に行っても、ただの公園しか見えません。
…もしや、これは…!

そうです、矢那川ダムはアースフィルダムだったのです!
アースフィルダムとは「土堰堤」と表されるとおり、土を盛ったダムなのです。
だから、ダムっぽく見えない。
上の写真はダムそのものですが、土手沿いの道にしか見えません。


しかし、横にはちゃんと洪水吐があり、ダムであることが分かります。
コレを見て分かるとおり、完全に治水目的で、発電などは行いません。
ちなみに、一度も満水になったことはないそうです。
そして、これが今回の成果。

…2枚!?
そうなのです。
片倉、亀山のダムカードは
土、日、祝日は配布しません
とのことで、入手できませんでした!
平日しかもらえないなんて、無理だよ……orz

高滝ダム

高滝ダム
3ダム目にてやっとカードゲット

亀山ダム

亀山ダムです

富津

「漁師料理かなや」にて早めのお昼ご飯

2009年9月20日日曜日

12:10

松島巡り遊覧船に乗った。
最初は船内にいたが、途中から船尾デッキで写真を撮りまくった。

11:38

松島海岸に着きました!

8:50

仙台駅到着。
車は青葉通り入り口付近の「停め放題600円」という駐車場に停めた。
そこから駅まで歩いた。

さすが地方都市。
ビルが高くないだけで、道が整備されていて綺麗な都市だ。

さて、まずはどうしようかな…
まだ9時にもなっていないので、店が開いてないのだ…

6:41

安達太良SA

5:15

明るくなってきた。
ハコスカが元気に走っている。

出発

4:23
家を出発!

2009年9月19日土曜日

サブウェイ123

レイトショーで映画を診に来た。
はじめての10番スクリーンだ。
どんな出来かな?

2009年9月14日月曜日

iPod nano で撮った動画

video

↑ 富士急ハイランドのFUJIYAMAを待つ間に

video

↑ 赤外線モードというエフェクトで撮影

なかなか面白い動画が撮れますね!

iPod nano 5G

なんというか、間が刺していきなり買ってしまいました。
iTunesを使わないと曲転送ができないのが嫌で、今まで避けていたんですが、ラジオプレイバック機能と遊べるどうが撮影機能に負けました。
使いこなしはこれからです。

2009年9月10日木曜日

特売USBメモリ

代々木上原で髪を切った帰りに秋葉原へ寄った。
そこでツクモ電気に立ち寄ったとき、日替わり特売品が始まったところだった。

2GのUSBメモリが、一本298円!
お一人様3本まで!

もちろん3本買いましたよ!

2009年9月8日火曜日

接客業

今日は昼飯にファミレスに行ったが、そこの接客にかなり怒りを覚えた。

まず、注文をとるときのこと…
私「今日の日替わりは…?」
店員「本日は6番になっています」
私「ではそれと、あとは…」
店員「はい、日替わりランチですね、ありがとうございました」
私「この………?ちょっと!」
もう店員が去っている。
呼び止めるが振り返らず去っていく。

次に料理を持ってきたときのこと…
私は待つ間にドリンクを飲みながら、雑誌を読んでいた。
店員「お待たせしました」
私はドリンクをテーブルの奥に移動させ、料理を置く場所を作った。
だが、そのスペースは使わず…、
こともあろうか「雑誌の上に料理を置いて」去っていった!

おかげで美味しく食べられなかったのは言うまでもない。
店員には大勢の客の一人かもしれないが、客には「この店は最悪」という印象になるのに…
一期一会の精神を忘れてはいけない。

2009年9月2日水曜日

飼い猫に手を噛まれる

楽しいはずの時間が一瞬にして惨事に変わる。
そんな予測できない事態が起こってしまった。
原因の一端は私にもあるだろうか、私の拾ってきた鳩の羽根さえなければ…

そのとき、妻はいつものように鳩の羽根で猫と遊んでいた。
相手は黒猫のグラだったのが悲劇の始まりだったのかもしれない。
グラは甘咬みが出来ないので、調子に乗ると本気で顎に力を入れて噛む。
私も良く奥歯で噛み締められ、血を出したものだ。
だが昨夜の妻はもっとタイミングが悪く、鋭い犬歯が指の腹と爪を貫通したのだ。

あまりの痛さに泣きじゃくる妻…
自分が何をしたか分からない猫…
痛いと訴えられても何も出来ない私…

悲劇は避けられないことが悲劇である。