Translate

2013年2月12日火曜日

Amazon誤送

私、いま酷くやりきれない思いでいっぱいです。
それは、待ちに待ったAmazonからの荷物が「違う商品だった」からです。
 
先日、AmazonでMotorolaのLapdock100という商品を注文しました。
正確には、発送はAmazonですが、販売はワールドグローバルという業者から購入しました。
もちろん新品を購入しました。
 
しかし届いたのはボロボロの箱……

ビニールテープでベタベタに止めてある状態。

どうみても中古品です。
この時点で嫌な予感がしていました。
 
しかし、よくみてみると商品名が違う。
同じくLapdockではあるのですが、DROID BIONICという別の商品!
 
これはDroid用に特化した作りになっているため、私の所有するRAZRでは刺さりません。
使えるならば我慢するという方法もありますが、使えない以上しかたありません。
返品交換をしなければなりません。
 
ところが、マーケットプレイスとは違って、Amazonが配送窓口になっているため、販売店に直接連絡が取れないのです。
何をするにもAmazon経由になるので、時間がかかります。
 
せっかく早く届いて喜んでいたのに、これではいつになることやら……