Translate

2013年6月10日月曜日

大画面のIOXY S4つはカーナビに最適!

此処の所、投稿ネタが尽きてしまったIOXY S4つですが、使わなくなったわけではありません。
それどころか毎日持ち歩いて使っています。
特に威力を発揮するのが、5.3インチという大画面を使ったカーナビです。

本体が大きいので、対応するホルダーを探すのが大変でした。
また縦にすると視界の妨げになるので、横にして使います。
 
私が使っているカーナビアプリは2種類で「Navitimeドライブサポーター」と「ドライブシンクロナイザーG:O」です。
この日は目的地は行き慣れているので「G:O」にしました。
一度インストールすれば、通信機能を使わなくても使えるのがG:Oの良いところ。
ただし、ご覧のようにランドマーク情報は必要最低限。
一度も行ったことがない場所に行くのはちょっと怖いですね。
 
しかし、曲がり角付近では自動的に拡大表示になります。
 
高速のインターへの進入時などは、イラスト画面にて詳細情報を出してくれます。
 
高速道路上では地図よりも施設案内になります。
行き先のカーブ状況はわかりませんが、運転に集中できる画面です。
もちろん、マップモードに切り替えることも出来ます。
 
マップモードでは通過ポイントなどはこのように表示されます。
 

どちらかと言うと、IOXYよりマップアプリの紹介みたいな記事になりましたけど、これを小さい画面のスマフォで使うことを考えてみてください。
走行中にふと操作する必要が出た時、小さい画面だと押し間違えなどが発生する可能性が高いです。(実際、あります)
IOXYの大画面は、本当にカーナビ用途に最適です。

本体2万5千円に、地図アプリが千円/年。
クアッドコアのCPUを搭載し、カーナビ以外の用途にも使えると考えれば「買って良かった!」の大満足となるでしょう。
 
先日、イオシスに行った時に再販の予定はないかと、店員さんに聞いた所、
「店側としては仕入れを依頼しているんですが……」と、反響があればもっと本部にプッシュしてくれそうな勢いでした。
なので「では、次回はバタフライ似の方で!」とリクエストして来ました☆