Translate

2016年1月12日火曜日

ChromebookでRemix OS を使ってみた

ChromeOSでもなく、AndroidでもないOSがあるようだと知り試してみました。
その名もRemix OSと言い、見た目はAndroidで実際Androidのアプリが動くOSです。
しかし、WindowsやLinuxのようにマルチWindowsで動くのでノートPCに入れると仕事でもつかえそうです。

詳しくはこのページに書いてある通りです。

TrrentでOSのイメージファイルを手に入れ、専用のインストーラーで8GB以上のUSBメモリーにインストールディスクを作成します。

私が試したバージョンでは、設定では英語キーボードしか選べませんでしたが、Google日本語入力をインストールし、その中のキーボード設定を日本語キーボードにしたら記号が正しい状態になりました。

基本的にはAndroidアプリが動作しますが、アプリによってはWindowモードにはできないようです。
上の画像の通り、テキストエディタJota+はWindowモードになりましたが、音楽プレイヤーはフル画面モードでした。

私が試したのはChromebook C720でしたが、このタッチパッド用のドライバがないのか、別途USBマウスをつないで操作することになりました。
タッチパッドで動かせるなら、良かったのですけど……
(なお、ネットブックなどではCPUが対応していないというエラーが出て起動できませんでした)

まだ開発途中のOSですが、これはこれでアリではないかと思いました。