Translate

2016年9月10日土曜日

NexDockと一番相性が良いのはGole1だった

昨日から触っているNexDockですが、一番相性が良い母艦を見つけました。
それはGole1です。

Gole1もクラウドファンディングのIndiegogoで購入したポケットサイズのコンピューターです。

5インチのタッチパネル液晶を搭載し、Windows10とAndroidのデュアルブートができる端末です。
小さな筐体にはフルサイズのUSBが4ポートと、HDMIやLANケーブル端子もついています。
まさに小さなコンピュータ。
当然ブルートゥースもついているので、NexDockにうってつけ!

早速つないでみました。

スクリーンが2枚でミラーリングされています。
解像度も似た感じなので、Continuumのようにボケることはありませんでした。

ちなみに調べてみたところ、
Lumia950 5.2インチ 2,560 × 1,440
に対して
NexDock 14インチ 1,366 × 768

なんと、画面サイズは3倍近いのに、解像度は1/4しかない!
これじゃボケて当たり前ですね。

しかもGole1はWin10Mobileではなく、ちゃんとしたWindows10
使い勝手も申し分ありません。
唯一の難点はGole1はSIMが入っていないため、別途Wifiルーターを使わなければならないことですね。

(このブログ記事もGole1 + NexDockで作成しました)