Translate

2011年1月29日土曜日

モバイルIPフォンサービス開始

昨日1/28(金)から日本通信がIEOS用にモバイルIPフォンサービスを開始しました。
当日は予定時間の17:00までにアプリを用意できないなどのトラブルがありましたが、
3時間遅れの20:00にはアプリのダウンロードが出来るようになりました。
 
しかしアプリを動かすにはアクティべーションコードが必要。
ですが仕事で宅配を受け取れず……

再配達で本日の10:00に受け取りました。
 
早速アプリを立ち上げ、アクティベートコードを入れてみました。

ちゃんと『050』から始まる電話番号が付加されてる!


こちらがアプリから呼び出したダイヤル画面。
普通に電話です。

実際の通話ですが、ツイッターなどで報告がされている通り、遅延が発生します。

試しにまず、私が固定電話で使っているBBフォンにかけてみました。
BBフォンはIP電話なのですが、これがほとんど遅延せず。
0.5秒ほどでしょうか、たぶん相手には遅延しているとは分からないレベルだと思います。
 
次に、私の携帯へかけてみました。
すると2秒近い遅延が……
 
その後、色々試してみたところ、遅延は一定していない様子です。

 IDEOS → 他電話 = 遅延0.5秒
 他電話 → IDEOS = 遅延1~3秒
 
こんな感じで、相手の声が届くまでに凄く時間がかかるのです。
しかも言葉が長いほど遅延が発生します(これが一定していない理由のようです)。
確かにこちらの声を届けるのに時間が掛かるよりも、相手の声が遅延する方が害は少ないでしょう。
しかし、これでは円滑な通話は難しいと思うので、是非改善して頂きたいです。
 
音質についてはそれほど悪いとは思いませんでした。
問題があるとすれば、IDEOSの受話音量が小さい事でしょうか。
 
それから、このアプリにはバグがあるようです。

それは、こちらの2番目の「転送・ボイスメール設定」の項目です。
内部で色々設定出来るハズですが、設定を変更するたびに
設定を更新する事ができません(転送設定更新エラー)
と出て強制終了されてしまいます。
 
ちなみに、1回通話するたびに、このアプリは強制終了されます。
 
アプリ公開の遅延は、やはりアプリが完成していない事ですね。