Translate

2013年8月31日土曜日

U8300いい感じ

HUAWEI U8300を数日使ってみましたので、その感想を。
古い上にローエンドな端末なので、それを念頭に置いて使えばかなり良い感じです。

まずはサイズ。
小さすぎず、大きくない。
ぎりぎりの良さです。
重量も軽すぎない絶妙なところです。
 
イヤフォンジャックが下にあります。
液晶とバッテリーが上に偏っているため、重心が上に上がっています。
それを軽減する意味でも下にあるのは正解ですね。
ジャケットのポケットに入れるときも、底からコードが出るのでスムーズです。
 
左側面にあるボリュームボタン。
実はU8300、すごく音が大きいです。
消音から1段階だけボリュームを上げただけで、かなりの大音量。
 
難点の電源ボタン。
上面にありますが、周囲とツライチの高さなので、かなり押しにくいです。
ただ、終話ボタンを押せばスリープ解除になるので、実はそれほど決定的な致命傷ではありません。
 
キーボードは小さい割に良く出来ています。
それもそのはず、U8300の別名は『IDEOS Chat』なのですから。
ただしCPUクロックが528MHzなため、入力時のモタツキはどうしても発生してしまいます。
それでもEvernoteなどへの投稿はかなり実用レベルです。
 
またU8300のタッチパネルは感圧式なのですが、トラックボールがあるため、それほどストレスは感じません。
ひょっとしたらBlackBerryを真似ただけなのかもしれませんが、トラックボールの搭載は正解です。
ブラウザのスクロールも簡単です。

この他の弱点など
・USBでPCにつないでもストレージとして認識できない
・Dropboxアプリが非対応
・Google+アプリが非対応

地味に面倒なのがPCでストレージ認識できなかったこと。
まぁ、簡単にMicroSDが外せる位置にあるので、それで代用できます。
それよりかなり驚いたのがDropboxアプリがインストールできなかったこと。
私はテキストファイルの共有をDropbox経由で行っているため、これは困った問題でした。
一応、閲覧だけならweb版Dropboxで出来ますが、編集だけは諦めるしかないですね。
せっかくのキーボード付き端末なのにちょっともったいなかったです。