Translate

2013年9月22日日曜日

前言撤回 ~ NFCキーボード、追加実験

先日、あまりの使い勝手の悪さに怒り狂ったNFCキーボード……
ですが、ちゃんと使えている人もいるわけなので、このままゴミにするのは勿体無いので、追加実験を行ってみました。
(その時のエントリーはこちら)

 
結果、「ELECOM謹製Atokと、エディタアプリに相性問題がある」ことが判明しました。
 
私が常用しているテキストエディタは「Jota text editor」でした。
実はこのエディタには「Jota+」という後継バージョンが出ています。
ノーマルのJotaでも全く遜色はなかったのであえて「Jota+」を使っていませんでした。
 
ふと思い立ち「後継バージョンの方が色々対応しているかも……」とためしてみることに。
これが正解のようでした。
勝手に改行されることがあるなどの挙動は相変わらずですが、前回のような酷いバグは発生しません。

ノーマルJotaでは横画面だと入力を受け付けなかったのですが、これも大丈夫です。
ただ、安定動作は縦画面型の方でした。
でもやはりテキストをどんどん入力するときは、1行が長いほうが良いですよね。
このあたりが悩ましいところです。

Jota+以外にもEvernoteでは全くバグが起こりませんでした。(こちらは縦画面しか試していないですが)

やはり、問題はアプリとの相性だったようです。
これならば商品としては問題ありません。
前回はそこまで実験せずにブログに買いてしまったことを反省します。
 
でも快適に使うにあたって、やはり問題はあるのです。
ELECOM謹製Atokは、辞書登録が一切できないのです。
しかも本物のAtokに比べて辞書がプアな様子で、入力していても明らかに変換候補が少ないです。

せっかくちゃんとしたAtokを購入しているのですから、ぜひそちらのフル機能を使いたかったです。