Translate

2015年1月27日火曜日

Blackberry Classic を手に入れた!

元々はBBQ5を使っていましたが、やっぱりカーソルキーがないと文字入力にストレスが出てきたので思い切って購入してみました。

 
購入前はPassportとどちらにしようか悩みました。
Xperia Z Ultraも使っているため、あの横幅には耐性がありますし、何より大画面なのは魅力的です。
しかし購入者の感想に次のような書き込みを見かけ、ちょっと悩みました。
それは『キーボードがトラックパッドを兼ねてるから、キーの上に指を置いたまま入力できないのが難点』
入力時以外は、指を浮かせたままでいれば問題なさそうですがそれはかなりストレスになりそうです。
ということClassicを購入しました。

オークションで購入したのですが、中身は新品同様でした。
 
心配だったピンイン記号も無く、純粋なQWERTYキーボードです。
 
SIMはnanoサイズ。
面白いのがSDカードもトレーに入れて挿入することです。
nanoSIMと比べると、MicroSDって大きいんですね。
 
OSバージョンは10.3.1.747でした。
 
Blackberry Q5と違い、LTEバンド1に対応しているので、ちゃんとLTEを掴みます。
その証拠に4Gと表示されています。
 
そのQ5との比較画像。
サイズは思ったほど大きくありません。
しかし重さはずっしりとあります。
というかQ5が軽すぎなんだと思います。
 
実際に使ってみると、Q5よりも軽くて押しやすい鍵打感がとても気に入りました。
比べるとQ5のキーが硬く感じます。
これだけでもClassicを買って良かったと感じました。
 
解像度こそQ5と変わりませんが、インチアップした液晶はとても見やすく、ブラウザ上からこのブログ記事を書くことが出来ます。
 
テキスト打ちが趣味な人であれば、やはりキーボード付き端末にはこだわりたいところですね。
これで日本語IMEがもっと使いやすかったら……そう願うのはやり過ぎでしょうか?
でもそう願ってしまうほど、ハード的には満足の行く端末なのです。