Translate

2016年12月29日木曜日

スマートウォッチについての記事を読んで

『スマートウォッチは使い道がはっきりしない』という記事をよく目にするようになりました。
スマートウォッチを使っている私からすると『使い道に迷うような製品か?』と疑問を持ってしまいます。

ひょっとすると、スマートウォッチに万能を求めているのでしょうか?
私の使い方だとスマフォの通知を知るだけのための端末だと割り切っています。
・予定の時間になると通知がくる。
・メールのヘッドラインが読める。
・現在時間がわかる。
この3つさえ出来れば問題はないはずです。
人によってはこれにライフログ機能が追加したいくらいだと思います。

スマートウォッチはあのサイズですから、表示に限界があるのは見ての通りです。
ここに万能を求めても無理です。
それよりも、近年大型化しているスマートフォンはポケットやバッグから取り出すのが気軽ではなくなっています。
だからこそ、簡単なチェックくらいはスマートウォッチで出来るととても便利であるはずです。
スマートフォンをサポートするための機器です。
サポート用なのでメインの機能を求めては、無理が出るものなのです。

その点からもう一度スマートウォッチを見直してみれば『使いみちがない』とは言えないと思います。
それでもまだ『使いみちがない』と思える人は、たぶん通知があまり来ないか、見逃しても問題のない人なんだと思います。

緊急の連絡がいつ入るかわからない人、オークションなどタイミングを逃したくない人にはかなり有効なアイテムだと思います。

そこで、提案です。
思い切って機能を絞ったスマートウォッチを身に着けてみたらどうでしょうか?
私はPebbleを愛用しています。
残念ながらPebbleは倒産し、予定していたPebble Time2は発売中止になってしまいました。
最近は通知のみに機能を絞ったスマートウォッチが3千円程度で購入できます。
まずはこれを使ってみて、もっと追加したい機能があれば、それを搭載した商品を選べばよいのではないでしょうか?