Translate

2011年6月10日金曜日

FUSION ideos を焼いてみた

昨日twitterでFUSION ideos というカスタムROMの存在を知りました。
軽く調べてみると、なかなか軽快で良いらしい。
ムクムクと興味の虫が頭をもたげてきましたよ……
 
ところで、私はIDEOSを2つ持っています。
1つは日本通信から発売になった日本版のIDEOS
もう1つが通販サイトで激安だったので思わず買ってしまった香港版のIDEOS
 
この香港版IDEOSは、そのままでは日本では使えず、イタリア版ファーム(通称「伊某ファーム」)に焼き直すことでb-mobile SIMなどで通信が可能になります。
一度焼き直しをしているので、こちらの香港版IDEOSにFUSION ideosを入れてみました。

ROM焼きの参考にしたのはこちらのサイト「Libre Free Gratis! FUSIONideos 〜美しいIDEOS用カスタムROM〜
ちゃんと読んでアプリを入れていけば全く問題ないと思いますが、root取得が前提の記事なので、「初めてROM焼きに挑戦!」という方は、まずz4rootというアプリを入れて、root取得することから初めてください。
※root化は危険な行為で、場合によっては内部のシステムを破壊し、起動できなくなります。
 チャレンジは自己責任でお願いします。


……で、入れてみた結果、とても満足です。
通常でもかなりサクサクですが、内部のNo-frills CPU Control」というアプリでクロックアップも簡単にできます。
ただ私はバッテリー重視派なので600MHzのままですけど。

そんなバッテリー重視派の私がとても喜んだのがシステムバーのバッテリー表示!
写真を見ても分かると思いますが、パーセント表示になっており、一目瞭然!
それからシステム表示が全体的にブルーになってとてもcoolです。
 
今のところ、かなり気に入っていますが、なにかあれば続報を書きたいと思います。