Translate

2012年4月22日日曜日

7インチタブレットNOVO7購入

Amazonで7インチタブレットのカバーが1つ200円で売っていると教えられた私。
いったい何がそうさせたのか、5つも購入してしまいました。
これが呼び水となって、7インチタブレットが欲しくなった私。
色々ネットで情報を調べて、Ainol NOVO7 Auroraという端末がなかなか良さそうだと思いました。
しかしこのNOVO7 Auroraは人気機種のようで、入荷待ちな店舗が多いようでした。
……が、ある時、入荷完了の店舗を見つけてしまったのです。

人気のホワイトは入荷未定でしたが、ブラックの方に在庫がありました。
色にはこだわらなかったので、即購入。
翌週には手元に届きました。
開封してみると本体は紙のスリーブに収められていました。
プラスティックな筐体なので、厚みの割には軽く感じます。
ただ、そのプラスティックがちょっと安っぽいです。
まぁ、端末価格も安いので仕方ないですね。

電源投入。
メーカーロゴが出ます。
なお、今回購入したこのタブレットは、販売店の手により日本語化がなされています。
初めてAndroidに触れる人でも安心して購入できます。
起動完了。
最初から色んなアプリがプリインストールされていました。
当然のことながら全て中国版。
環境的には日本語になっていますが、アプリが対応していないようで、中国語のままです。
Dolphinブラウザも「海豚」となっていて格好悪い感じ……
しかし、これらの中国版アプリはシステムに入っており、そのままではアンインストールできません。

すこしNOVO7を使ってみると、最初からrootが取れている様子。
これが出荷時からなのか、販売店が日本語化するときに行ったのかはわかりません(でもおそらく後者)。
でもrootが取れているならシステムファイルの削除も簡単に行えます。

GooglePlayこと、旧「Androidマーケット」にアクセスし、「Root uninstaller」というアプリを入れましょう。
これで不要だと思われるアプリをサックリ削除できました。

そして200円ケースに入れて持ち歩けます。
実際に使ってみると、3GがないためWifiの無いところではブラウズはできません。
しかしそのためにバッテリーは意外と長く持つようです。
フルチャージ後、通勤時間にちょっと触った程度なら2日くらいもちました。
画面が大きいので動画ファイル再生機という位置づけの運用が向いているかもしれません。

この商品の売りはA10というCPUと、1280*600というIPS液晶ディスプレイです。
しかし私が見たところ「本当に1280*600あるの?」というのが正直な感想です。
たぶん最近見ていたディスプレイがGalaxy Nexusだったりするので、そのせいかもしれません。
 ※4/24加筆
  記述ミスでした。正しくは「1024*600」でした。
  でもやっぱりもう少し粗いように感じてしまいますね。


CPUの処理速度は特に不満に感じることはありませんが、タッチパネルの反応はハッキリ言って悪いです。
そのため、思うように操作できずイライラします。
やはり、あまりタッチしないで済む動画再生が向いているかもしれません。