Translate

2012年8月29日水曜日

SIMフリー端末に一番合うMVNOを考える

現在日本の携帯電話通信キャリアは
・Docomo
・au
・ソフトバンク
・イーモバイル
の4社である。

最近何かと話題の安いデータプランSIMは、ほぼDocomoのFOMAを使っている。
FOMAエリアの広さは誰が何と言おうと、日本で一番である。
理由としてHSDPAである2.1GHzの他に、FOMAプラスエリアと呼ばれる800MHzを使用出来るからだ。

しかし、海外のSIMフリー端末で使うことを考えると、実はプラスエリア対応端末は少ない。
日本で使えるSIMフリー端末の多くは「アジア=ヨーロッパモデル」と呼ばれるタイプ。
この端末がサポートする電波帯はWCDMA2.1GHz、900MHzであり、800MHzはサポートしていないからだ。

ここで「900MHz」という数字を見てピンときた人もいるのではないだろうか。
そう、「ソフトバンク・プラチナバンド」である。

そこでふと思って調べてみると、ありました。

Softbank MVNOに関する情報

つまり、事業者さえ名乗りを上げれば、SBM網を使ったMVNOは出来るというわけです。
数年後、プラチナバンドが普及した頃ならばFOMAではないMVNOデータSIMが普通に売られるようになるかもしれませんね。

海外のSIMフリー端末好きとしては、FOMAよりもこちらが普及してくれると嬉しいことになると思います。
また対抗馬が出ることで、サービスの質の向上や、価格競争が起こるでしょう。
選択肢が増えるということは、多くのユーザーにとってメリットになると思います。


MVNO低価格サービスについて考えていたら、こんな妄想をしてしまいました。