Translate

2012年9月1日土曜日

Talking SIMをプラン変更した

何度も話題に出ていますが、私がメインで使っている回線は日本通信のTalking SIMというもの。
これは通信速度を300kbpsに抑えたU300という商品に毎月20分の無料通話をセットしたプランです。
これで3980円から電話とデータ通信が維持できます。
Docomoやソフトバンクが5千円を越える中、あまり電話を使わない私にはとても魅力的でした。

しかし、日本通信が新たに「スマホ電話」というプランを発表しました。
これは基本がデータ通信なしの電話のみのプランに、好きなデータ通信プランを選択するというもの。
好きなデータ通信プランといっても、「200kbpsで使い放題」か「2G定額で上限を超えたら100kbps」か「データ通信は使わない」の3パターンしかありません。
一応音声通話のコースは無料通話分と有料通話の価格が違う3タイプのコースが用意されているので、組み合わせは9パターンになります。
原則として新規申込みのみの対応となります。
8月25日から、ヨドバシカメラ、amazon.jpでも購入できるようです

仮に「音声通話プランS」に「200kbps使い放題」をつけた場合、2980円で維持できます。
私の使っていたTalking SIMは300kbpsですが3980円なので2千円も安く維持できることになります。
またこれを高速な「2G定額」に置き換えた場合も「4280円」なので、今度は「プラス300円で高速回線」になります。
Talking SIMユーザーにはとてもうらやましい限りです。

商品発表から1月ほど遅れて、当初プラン変更は無理だとのことでしたが、TalkingSIMからも変更できるようになりました。
ただし、プランは予め決められており、「音声プランS + U200 = 2980円」または「音声プランS + 2G定額 = 4280円」の2コースのみ。
私は迷わず後者を選びました。
プランの適応は「翌月1日から」なので変更直後にはその変化を感じることはできませんでした。
そしてやっと9月1日になりました。

●さっそく速度測定
下が事前に測っておいたU300の頃の速度。
そして上が2G定額になった後の速度。
uploadは変わりませんが、downloadは1.8M出ています。


●体感は……
U300から比べたら6倍の速度になったわけですが、webブラウジングをしていても大して早くなった気がしません。
そこでU300では遮断される動画ストリーミングにチャレンジしてみました。
キャプチャは失敗してますが、動画はちゃんと見られます。
なるほど、制限は解除されているようですね!

しかし2G定額なので、こんな使い方をしていたらパケット代を無駄にしそうですね。



●まとめ
ダウンロード速度が早いので、アプリのインストールはストレスを感じずにできそうです。
一応2Gを超えた場合は、100bpsという極低速まで落ちますが、通信が止まってしまうことはないので安心です。
1G定額の場合、使い切ると翌月まで通信できないのが問題で移行しなかったのですが、このスマホ電話のおかげで乗り換えが出来ました。

実際のところ私が外でスマホをいじるときは、ちょっとした情報収集や、Google+の投稿などなので、U300でも我慢出来ないほどじゃなかったのですけどね☆
ソフトバンク回線を解約したので、メイン端末の高速化がしたかったのと、
月額300円の増額で高速化出来るなら、そのほうが得だと判断した次第です。