Translate

2013年3月31日日曜日

そろそろモバイルルネッサンスが……

延長を行い、1年半使ってみたモバイルルネッサンスですが、そろそろ使用期限が切れます。
更新申し込みが2013/03/31までなのですが、更新せずにこのまま終えようと考えています。

モバイルルネッサンスSIMは、サービス開始当初に他に使っている人がいない中で、人柱のように購入。
当初は2Mbps以上出ることもありましたが、あっという間に0.5Mbps以下が平均となりました。
購入当時は私のメイン回線であるb-mobileがTalkingSIM U300だったこともあり、それよりは早いほうだと無理やり納得していたふしがあります。
 
しかしメイン回線をスマホ電話2G定額に変えてからは立場は逆転。

それでも完全に定額だったため、出先でのファイルのアップデートなどは、これを使って行ったりして節約して来ました。


最後にもう一度と、速度測定をしても300kbps出ない状態。
特にIIJmioファミリーシェア1Gがかなり高速で、3Mbpsほど出ます。
これもあるし、500円と低額なDTI ServersMan SIM 100もあります。
モバイルルネッサンスはこのDTIのサービスと同じなので、やはり謳い文句くらべてかなり低品質だという結論になりますね。

そういえば、日本通信(b-mobile)がソフトバンクモバイルとauに相互乗り入れの申し込みをしたというニュースが先日発表になりました。
ソフトバンクといえばFomaプラスエリアに相当する「プラチナバンド(900Mhz)」を取得しており、これがb-mobileで使えるならかなり夢が広がります。
実は海外のアジアヨーロッパ向け携帯電話は900Mhz、2100Mhzをサポートしています。
しかしMVNOはFOMAのものなので900Mhz帯を使えませんでした。
都内ならともかく、山間部へドライブに行くとFOMAプラスエリアの800khzが掴めない海外携帯ではよく圏外になっていました。
ソフトバンクとの提携で900khzが使えるようになれば、海外携帯が好きなユーザーには大きな恩恵が得られるのではないでしょうか?
 
実際のところ、プラチナバンドを使えるかどうかはわかりません。
あくまで私の都合のいい妄想だとお考えください。
 
……でもプラチナバンドが使えたら、いいなぁ……