Translate

2013年4月4日木曜日

日本通信が酷すぎる件

最近、日本通信の回線速度が酷すぎる。
 
私はスマホ電話の2G定額プランに入っている。
これは2Gデータ容量を使いきるまでは速度制限無しで、最大14Mbpsの高速な回線を提供するハズのサービスである。
もし2Gのデータ容量を超えると、速度は150kbps……単位を揃えるなら0.15Mbpsとなる。
 
以前は、通常時の速度は1Mbpsほど出ていたので、それほどストレスに感じることはなかった。
だが先月辺りからかなり速度の低下を感じるようになっている。
どれくらいかというと、メールの送信も途中でタイムアウトになるほどの遅さだ。

脅威の96kbps
100kbpsも出ていません。
そしてPINGの値をみて愕然…そりゃタイムアウトにもなろうもの…
思わずこの結果を日本通信のtwitterに送ってしまったほどである。

あの結果があの時だけでない証拠として、つい先程も測定してみた。
その結果……
先日ほどではないが、それでも183kbpsしか出ていない。
もちろん、月が変わったばかりで2Gのデータ容量は余りまくりである。
14Mbpsはベストエフォートなので、そこまで出ることはないと分かっている。
だが、実際には低速に落ちた場合の150kbpsに近いではないか。
 
これは私だけなのかと思って検索してみた。
すると下記のような書き込みを見つけた。
 
docomoのbmobile遅すぎです、何日か前なんか5kbpsから50kbpsくらいしか出なかった...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103439837?fr=rcmd_chie_detail


bmobileは遅すぎて本当にクソですからみなさん絶対に使わない方がいいですよ、いま...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10104694110

どちらも数日前の先月末の物。
上の2名も私と同じ定額プランに入っている。
どうやら突然遅くなったと感じているのは私だけではないようだ。

一方、IIJmioのファミリーシェア1Gにクーポンoffモードが出きるようになったため、200kbpsの速度がどれくらい遅いのかを試してみた。
実際には250kbpsほど出ており、ハッキリ言って日本通信より早い。
この速度差は体感できるほどだ。

正直な話、このままでは日本通信はメイン回線として使いものにならない。
一刻も早く改善していただきたい。
 
またはMNPして別の回線に移ることを真剣に考える必要があるかもしれません。