Translate

2013年4月30日火曜日

そっくりなアレ(IOXY S4つ)を実際に使ってみて


IOXY S4つ……これはかなりアタリの端末だと思う。
 
たしかに刻印はフザケている。
今のところ通話SIMでないと動かない。
(これは今後rootが取れたら、セルスタンバイパッチを当てることで解決できるかもしれない)
だが、本当に良い出来だ。

5/08 追記
root後、とあるパッチを当てることで、データSIMでも通信可能になりました。
詳しくはこちら

 
IOXY S4つには予備のバッテリーも付属する。
バッテリー自体の記述には3000mAhとあるが、イオシスのサイト説明では2000mAhとなっている。
まぁ、小さい数字を信じたほうが何かと失敗がないので、私は2000mAhだと思っておく。
だとしても予備に1つあるので、倍の時間使えるということだ。
では1つのバッテリーでどれだけ持つだろう?

実際バッテリーもかなり持つ。
勿論、省電力アプリを使ってのことだが12時間で50%と言うのは優秀だと思う。

拡大するとこんな感じ。
朝の通勤時間と、昼食時にはネットに繋ぎ、帰りには動画を見たのだがこのスタミナだ。

SIMは低速のDTIワンコインSIMだが本体の速度が早いからか、他の端末よりストレスが少ないのも良い。
 
さらに4コアの性能を測ってみると……



動作クロック1.2Ghzで13687点。
同じ1.2Ghz動作の2コアなMotorola Razr MAXXが7908点だったので、本当に倍!
こんな端末が24,800円なんて、いい時代になったものです。