Translate

2015年3月17日火曜日

Blackberry Z30 の残念なところと、得意なところ

以前のエントリーでも書きましたが、Blackberry Z30を使っていると、Blackberry HUBに行こうとして通話ボタンを押してしまう事があります。
理由は下の画像を見てもらうとわかると思います。
黄色い◯で囲ったのが、Blackberry HUBに行くためのアイコンです。
Classicでは外側に大きなメールマークのアイコンで表示されています。
Z30において、それと同じ場所にあるのが通話ボタンです。
そのためClassicで慣れてしまうとどうしても同じ位置にある通話ボタンを押してしまいます。
 
それからもう一つ残念なことがありますが、これはZ30だからというよりBlackberryだからなのですが、特定のAndroidアプリを起動すると使っていなくてもバッテリーを消耗し続けるという現象があります。
このアプリをAndroidで起動しておいても使わなければ消耗していませんでしたので、BBOS特有の挙動だと思われます。
Androidアプリはサスペンドせずに、こまめに終了させたほうが良さそうです。
 
ただし、充電時間がAndroid端末に比べて短いので、少しの時間でも充電できれば結構復活します。
この辺りは良い所ですね。
 
  
それにしてもやっぱり嬉しいのは大画面であるということです。
Kindleで本を読む時、小説などはClassicでも不満はありませんでしたが、マンガを表示するときにはやはり不満を覚えました。
しかしZ30ではまったく不満がありません。
またこの大画面はAndroidのゲームをプレイするのにも向いています。
 
ただ、あまりゲームをやり過ぎると、先のようにバッテリーがなくなるので程々にしなければなりませんが。