Translate

2016年2月7日日曜日

200円で食べられるカレーを食べてみた

昨日、地元を車で走っていたら「200円カレー」というのぼりを見かけ、思わず立ち寄ってしまいました。
場所は足立区竹の塚を尾竹橋通り沿いに埼玉方面に進んだところ。



原価率研究所という新潟で起業した企業らしいです。
税込みで200円はすごく安い。
早速買ってみることにしました。

待っている間に壁に貼られている新聞の切り抜きを読みました
コスト管理を徹底し、味は「万人が普通だと言える程度」を目指すことで1杯200円を実現しているようです。

とりあえず比較物としてガスコンロの五徳と見比べてみてください。
通常のカレーの器に比べて小さめの物を使っています。
これも原価管理のためでしょう。
そして特筆はご飯の量。
大盛りと呼べるくらい入っています。

味は確かに「普通」
でも200円なら大満足のレベル。
ちなみに、具は大きめにカットされた鶏肉が入っていました。

ご飯の盛が多いので、冷えてから電子レンジで温めると、温度にムラが出来るので、次はできたての温かいまま食べたいと思いました。