Translate

2016年2月7日日曜日

アウトドア向けタブレット「CAMELUS-R」を手に入れた!

秋葉原イオシス裏通り店で、面白そうなタブレットを見つけて買ってみました。
都築電気製の「CAMELUS-R」です。
ジャンク扱いで1,980円で売っていました。
企業用なので、Google Playが入っていないこと、防水にするためにスピーカーがついていないことなど、普通に使うには使いにくそうですが、なんといっても、mirasolという反射型カラー液晶を搭載しているので、屋外の陽の光の下でもくっきりと見えるのがウリです。

AndroidのOSバージョンは2.3.6となっています。

また、MicroSDは16GBが最初から封入されており、取り出すことが出来ません。
さらにメール添付のapkインストールや、webブラウザからのダウンロードも禁止されている仕様です。
これも企業向けなので仕方ありませんね。

ということで、アプリの導入にはPCに接続し、そこからapkファイルを転送してあげる必要があります。
Open Managerというファイラーが入っているので、そこからapkファイルのインストールが可能です。

esファイルエクスプローラーなど自己アップデート機能があるアプリでは、Google Playが入っていなくても最新にすることが出来ます。

最初から「音楽」というアプリが入っていますが、先にも書いた通りスピーカーもイアフォン端子もないので、音楽を聴くためにはBluetoothを使う必要があるようです。
 
少し使ってみましたが、決定的な難点として充電が遅いことに気づきました。
ひょっとしてバッテリーがこなれていないからなのかもしれませんが、3時間充電して30%しか増えていませんでした。

インカメラはありませんが、アウトカメラは800万画素のものがついています。
でも画質はあまりよくありませんでした。

また最初から入っている日本語入力はフリック入力に対応していないので、自分でFlickWnnなどを入れた方が良いでしょう。

それと、私の使い方がおかしいのか、ジャンク品だからなのかもしれませんが、結構頻繁にハングアップします。
電源長押しでもシャットダウンできずあせりましたが、いろいろ試してみたところ、側面にある「Enter」と「Select」を同時押ししながら「電源ボタン」を押したら、強制電源OFFが出来ました。