Translate

2016年2月28日日曜日

DeNAのナビローを試してみたのだが……

以前から何度か記事にしていますが、私はカーナビアプリが大好きです。
基本的には有料のNavitimeドライブサポーターを利用していますが、無料カーナビアプリのYahooカーナビもかなりおすすめです。
最近、DeNAナビローというアプリがあることを知り、早速試してみました。


特徴として、データ通信量が他のアプリに比べて少ないらしくそれがウリの一つになっています。

メイン画面はハニカムメニューという6角形パネルがつながった物になっていて、ちょっと変わっています。
ユーザーが追加した機能がここに並んでいくようです。

実際に一日使ってみたのですが、ハッキリ言って「まだまだバグが取れていない」と感じました。

検索したルート通りに走ったらひょっとして問題ないのかもしれません。
しかしナビアプリは基本的に「迷いにくい大通りを通らせる」事が多く、知っている道だと「そうじゃなくてこの抜け道を通った方が早いんだよ」ということが良くあります。

今日の行き先がまさにこれで、しょっぱなからルート案内を無視してみました。
すぐにリルートしてくれたので合格かと思ったのですが、なぜか案内ボイスに1件目の曲がり角の名前が残ってしまい、目的地周辺についても「●●(スタート地付近の地名)方向です」と言われる始末。

また、高速道路走行中、ジャンクション付近に近づくと、
「この先、高速道路ジャンクションがあります。高速道路方面です」
というわけのわからない言い方をします。

そして問題な目的地付近のスクリーンショットをご覧ください。
目的地は上記の[G]マークですが、なぜか1.1km先を左折するように指示しています。
ちなみに、信号待ち中ですが目視で100m先に目的地が見えています。

とりあえず目的地についたのですが、到着をアナウンスしてくれません。

1km先の左折を調べてみます。
走行していたのは千葉県柏市の国道16号線だったのですが、なぜか6号線を北上するように指示しています。

一度、我孫子市まで北上してからUターンして戻る様に指示されています。
訳がわかりません。

昨年12月にサービスが始まったばかりなので、まだバグが残っているのかもしれませんが、最初からこれでは印象が悪くなると思います。
とりあえず今の状態では、知らない場所へのナビは怖くて任せられません。
はやくバグを取っていただきたいと思います。