Translate

2010年7月18日日曜日

ubuntu、Windows化計画

別にWindowsにしようという訳ではないのですが、
普段Windowsでやっていることを、ubuntuに移行していこうという趣旨のもと、
前回はついに仕事で必要なアウトラインエディタの導入に成功しました。
しかしこのままでは仕事にならない大きな壁があります。
それは……『ubuntuのIMEは賢くない』ということです。
無料なので仕方ないのかもしれませんが、せめてAndroidで使っているwnnくらいはほしいところ。
しかしAnthyは『日本語入力が可能』というレベルで、とても快適に文字を打つようにはできていません。

いろいろネットを調べてやはりJustSystemのATOKを入れることにしました。
私はWindows版の正規ユーザーなので、AAA優待という割引を受けることができます。
そこで『ATOK X3 for Linux AAA優待版』をダウンロード購入しました。

インストールに関しては下記のサイトを参考にさせていただきました。
チラシのうら『Ubuntu10.04 にATOK X3 for Linuxを導入』

[Ctrl]+[Alt]+[F2]キーによる、仮想端末モードなんていうのを初めて知りました。
でも戻るときは[Ctrl]+[Alt]+[F7]キーではできず、私の環境では[Ctrl]+[Alt]+[F8]キーでした。


とにかく、これでまたubuntuがWindowsに近づいた感じです。
そろそろ本格的にWindowsの使用頻度が下がってきましたよ!