Translate

2010年11月19日金曜日

『究極の欲望』来たる!

「Z」という文字はアルファベットで一番最後のため、しばし「究極」を意味するために使われています。
その究極の名を冠した欲望携帯がhtcから発売になりました。
そうです。
htc Desire Z です!



前回、MOTOROLA Flipoutを購入したeXpansysから購入しました。
注文を入れたのは、11/15のお昼休み。
なのに夕方には発送となり、11/17の夕方には手元に!
何と早い到着でしょう!



とりあえず、開封シマス!


初代のDesireに比べて確かにずっしりします。
そしてちょっと角張った印象。


重さの理由はこのキーボード。
スライドではなく、Zヒンジによる浮き上がって出現するのです。
(実はこのギミックがZの名前の由来です)
 
今日一日持って歩いた感じ、やはり画面が広くて物理キーボードがあるっていうのはいいですね!
twitterに呟くのも楽です。
もちろん、今まで通りソフトウェアキーボードも快適に操作できます。
片手の時はソフトキー、両手の時は物理キーと、使い分けが出来ますね。
 
ただし、残念な事もあります。
初代htcDesireを手に入れたときにはFMラジオは日本でも聞ける状態でした。
それを2.2にアップデートしたら日本の電波帯にあわなくなり、聞けなくなったのです。
それがアップデートのせいだとおもったのですが、今回のZは最初から聞けませんでした。
これはOSが2.2だからということではなく、初代DesireはX06HTとしてSoftbank向けに出荷される事を見越して、日本対応にしてあったのだと思います。
Zは日本で売られる予定はないので、この対応がされていないのでしょう。
 
かくなる上はrootを取って、電波帯を修正するしか!!