Translate

2013年1月16日水曜日

今更ながらISW11M Photonネタ

Motorola製のスマートフォンであるISW11MことPhotonですが、
これはauの端末でありながらグローバルモデルなのでW-CDMAも使えます。

実際に使うためにはroot必須なのですが、通話の出来るSIMならばDocomoやSoftbankのものが使えます。
 
ここで問題なのが「通話の出来るSIMならば」というところです。
 
通話の出来ないSIMではアンテナピクトが立たず、そうなるとデータ通信さえ出来ないのです。
これを回避するためにDTI ServersMan 3G 100にSMSオプションをつけたのですが、出来れば高速なIIJmioのSIMを使ってみたい。
 
そのためにはカスタムROMを焼いて使うのが普通なのですが、これにはブートローダーのアンロックが必要になります。
しかし私の手に入れた物はアップデートによってブートローダーのアンロックが出来ない状態でした。

アップデート前のベースバンド「N_02.28_15P」という状態でなければブートローダーのアンロックは出来ないのです。
私の物は「N_02.29_08P」でした。
  
しかしふとある記事を見かけました。


スマホ格安運用(MVNO)とandroidカスタム


ブログの主の方はすでにカスタムROMを使っていたようですが、
標準ROMで可能ということはカスタムROMが焼けない状態でも行けるのではないか?
そう思い、早速試してみました。

手順は先の記事の通りなので割愛しますが、
結論から言えば大成功です!
ちゃんとNTT DOCOMOだし、
アンテナピクトも立っているし
H」マークも出ています!
 
あやうく血迷って「N_02.28_15P」の物を購入するところでした☆