Translate

2014年9月2日火曜日

FirefoxOSの最新版はある理由でちょっと使いにくい

少し前にFirefox FlameのROM焼きについて書きました。
私は自分でビルドする環境を作っていないので、公開されているROMイメージをありがたく使わせてもらっている身です。

Firefox Flameは売られている時にはOSバージョン1.3が入っています。
その画面はこんな感じです。
下部に普段使う4つのアイコンが並んでおり、iOSやAndroidOSでも見慣れた画面です。
 
そして公開して頂いているビルド#14は下のような画面になっています。
似せるために4個レイアウトにしていますが、実は初期は3個レイアウトです。
しかも下部の固定アイコンが消えて、ずっと下までスクロールするタイプになりました。
ところどころ、仕切り線が入っており、それでカテゴリを分けるレイアウトです。
 
そして次が現在最新のビルド#17です。
#14に似ていますが、良く見るとアプリが減っています。
g+アプリは良いとして……重要なものが消えているのがわかりますよね?
 
ブラウザのFirefoxが消えているのです!
 
実際のところこのOS自体がブラウザなので、上部の検索からwebに進むことは出来ます。
ただ、ブックマークが使えないのは痛いところです。

ビルド#15からブラウザが消えてしまい、今のところ復活する様子がありません。

たぶん、開発中に何らかの不具合で削除されたのだろうと思いますが、ブラウザが消えてしまうというのは予想外でした。
これも開発段階を垣間見る、面白いエピソードでしょうか……
 
とにかく、ブックマークが使えないのは地味に辛いので、早い復活を待ち望んでいます。