Translate

2014年10月11日土曜日

ZTE Blade Vec 4G 実用編

昨日手に入れたZTE Blade Vec 4Gを丸一日使ってみました。
前回書き忘れましたが、2万円未満の端末なのにLTEで接続できるのが、この端末の魅力です。
他の安いSIMフリー端末だと3Gだけという物がほとんどです。
 ※一応、3Gの他にGSMにも対応しているのですが、日本ではGSMは使えないので。
 
LTEはPINGが早いので、回線速度が遅くてもそれを感じさせないほど快適です。
 
今日は試しにVec 4Gだけで一日を乗り切ってみました。
しかも途中で充電は絶対にせず、使用も節約しないでいつものように使うというやり方です。
 
バッテリーの使用状況を見てみると、使っていない時は全く減らないということがわかります。
しかも、この減り方ですが、いずれもIngressをプレイしていたために急激に減っています。
Ingressは画面がつきっぱなしなだけでなく、GPSと通信を常に使い続けています。
IGZO搭載のAQUOS PHONEでもあっという間にバッテリーがなくなるというアプリです。
それを、通勤中、昼休み、帰宅中にずっとプレイしていたのですから、この急激な減りは納得です。
GPSがON」と「スリープなし」「画面点灯」が一致しているので、バッテリーに厳しい使い方をしたのが一目瞭然です。
それでも15時間以上使って20%を切った程度です。
待ち受け専用にしたら、3日以上持つかもしれませんね。

そして特に動作が重いということもなく、快適に使えます。
これは本当に”当たり”な端末ですね!