Translate

2014年11月8日土曜日

本当におもちゃなトイデジカメを購入した理由

もうデジカメの初期の初期という時代のトイデジカメを購入しました。
しかし対応OSにWindows Vistaと印刷されているので、商品としてはそこまで古いわけではなさそうですが、私が以前海外旅行に行った時、ラスベガスのスーパーで買ったものと中身が一緒だったので、8年位は前の商品だと思われます。
 
単4電池1本で動作しますが、このカメラの最大の難点は
電池を抜くと、それまで撮った画像が消えてしまうこと
なんですよね。
 
しかしなぜこれを買ったかというと、実はカメラが欲しかったわけではなく……
このUSBケーブルが欲しかっただけ、という……
私が持っているBTヘッドセットの充電がこの日本では殆ど見かけない形状だったので、予備のケーブルが欲しかったのです。
特価品で500円だったらケーブル代として妥当かと思い購入しました。
 
しかし買ったならば使ってみたいのが人情というもの。
さて、電池を入れて……あれ?
電源が入らない。
振ると「カラカラ……」という異音が。
よく見ると、電源端子の半田が剥がれていました。
仕方ないので、半田ゴテで電極を付け直しました。
電極を直したら、ちゃんと電源が入りました。
 
さて、画質を見てみましょう。

これこれ!
この粗さ!
ちゃんと撮れるのですが、屋内だと蛍光灯で白飛びします。
特に被写体が黒猫なので、ホワイトバランスで余計に白飛びしてしまいますね。
 
さらに暗めの場所だともう粗くて見ていられない画質に。
 
まぁ、昼間の屋外ならちゃんと撮れるかもしれませんね。
機会があったら持ちだしてみたいと思います。

とりあえず、500円で希少ケーブルが手に入って満足です。