Translate

2017年1月28日土曜日

Pebble Round用スタンドを作った

私はいくつかのスマートウォッチを持っていますが、結局はPebble Roundに戻ってきてしまいます。
あの薄さと、通知機能は私に一番合っているようです。

今日、秋葉原に行ったとき、ジャングルであるものを見つけて購入してきました。

Apple Watch用のスタンドです。
しかも100円。
これをPebble Round用の充電器に出来ないだろうか…?

というわけで、実際にやってみました。

Apple Watch用のケーブルを逃がす溝がありますが、Pebble Roundはどちらかといえば上の方にあります。
そもそも、ケーブルがきしめん状で平たいので入りません。
削って新たな穴を作ろうかとも考えましたが、あるもので簡単に出来そうだと気づきました。

「おゆまる」です。
ダイソーでよく売っている、あれです。
これは80度以上のお湯で年度のように柔らかくなるという便利なプラスティック。
これを柔らかくして、スタンドの穴に埋めます。
そしてケーブルをセットして、上下からケーブルを抑えるように整形します。
80度以下になると固まるので手早く行います。
あとは冷えるのを待つだけ。
Pebble Roundは軽いので、ケーブルのねじれに引っ張られてすぐに端子が外れてしまいますが、ケーブルを固定し宙に浮かせることで、安定して充電できるようになりました。

というわけで200円で充電スタンドが出来てしまいました。

残念ながらPebbleはFitbitに買収され、もう新作が出ることはなさそうです。
このPebble Roundも一度はガラスパネルが取れてしまい、自分でゴムボンドで修理した物。
いつまで使えるかわかりませんが、使えるうちはずっと愛用したいと思います。