Translate

2018年3月3日土曜日

Gemini PDA をプチ改造してみる

先日手に入れたGemini PDAですが、初期不良のようでキーボードの陥没があります。
タイプしていくうちにこなれてきて直るかと思ったのですが、より深刻に陥没頻度が上がってきました。
特に「S」と「スペース」が深刻です。
そこで、キーを浮かび上がらせる改造を行ってみました。

用意したものはスポンジ。
これを薄く切り、さらに中をくりぬいて輪を作りました。
輪の内径はキーの通電ゴムよりも一回り大きくし、干渉しないようにしています。

これくらいになります。
最初は四角く切っていたのですが、スポンジが回転したとき周囲のキーの裏に入り込まないように、角を切って円に近くしています。

戻すとこんな感じ。
隙間から少し見えますが、陥没しなくなりました。

何度か叩いて、ぎりぎりまで薄くしています。
おかげで、あまり違和感のないタイピングができるようになりました。

同様の調整をスペースキーにも行っていますので、これで快適にタイピングできるようになりました。