Translate

2011年9月10日土曜日

IO-Data Rock Vision 3D が届いた

タイトル通りなのですが、IO-Data Rock Vision 3D が届きました。
 
前々から興味はあったのですが、らばQに出ていた記事がダメ押しでついに購入してしまいました。
簡単に言うと、USB接続の外部モニターなのですが、裸眼立体視ができるのです。

接続して3Dコンテンツを再生するとこんな風に見えます。
ただ、カメラで写そうとすると変ですね。


近づきすぎるとこんなことに。
でも、肉眼で見るとちゃんと立体です。
 
さて、それはともかく、私が本当に興味を持ったのが、
通常の2D映画が3Dっぽくみえるという機能。
これが私の特殊な偶然が重なって、なかなか一筋縄ではいかなかったのです。
 
私はPCでのBDの再生ソフトにjangleから出ていた「TotalMedia Theatre 5」というソフトを使っていました。
今回勝った「IO-Data Rock Vision 3D」にも同じソフトがついていたのですが、上書きがうまくできず、プレイヤーの画面をRockVisionに流せずに四苦八苦しました。
結局、関連ソフトをアンインストールして、IO-Dataの方のソフトを一からインストールしたら何とかなりました。
 
これで2Dの映画を見たのですが、なかなか3Dっぽくなって面白かったです。
シーンによっては3D効果が出ないのですが、もともとが2Dなので、3D効果が出るシーンに来たらもうけもの、という感じで見るといいでしょう。
 
しかし、jungleから買った4千円がもったいないなぁ……