Translate

2011年9月30日金曜日

今度はGalaxyPro購入

先日のMotorola XT316で弾みがついてしまったのか、
またしてもフルキー搭載端末を買ってしまいました。
今度はSAMSUNGのGalaxyProです。
購入はいつものexpansysから。
 
本体のほかにいつものおまけ日本用USB-ACアダプタと、
今回は別に小箱が付いていました。
 
小箱の中身はGalaxyPro用のレザーケースでした。
本体の箱を開けると、本体登場。
 
とりあえず本体の箱を開けてみました。
イアフォン、USBケーブル、外国用ACアダプタ
バッテリー、本体、説明書
など、見慣れたセットが入っています。
 
本体の裏蓋をはがしたところです。
左レンズのすぐ下にMicroSDが入ります。
バッテリーを抜かなくても抜き差しできそうです。
SIMはバッテリーを抜かないとダメですね。
 
手持ちのMicroSDと、SIMを入れたところ。
SIMはFOMAのMVNOであるモバイルルネッサンスです。
 
とりあえず電源をON
この後、少し演出の入った映像と音が流れました。
 
最初の認証画面。
普通はここでGmailアカウントを入れるように言われるのですが、
何故か言われずに過ぎてしまいました。
 
起動が完了したところです。
画面が横長なため、メニューなどは右端に縦に並んでいます。
 
これが全体図。
大きさはhtcChachaとほとんど同じです。
縦が3mmほど短いだけです。
 
……が、……あれ?
なんか変だぞ?
 
ぎゃーーー!
アラビアキーボードだ!!
この後すぐにexpansysのサイトで確認しましたが、たしかに小さな文字で
(English & Arabic Keyboard, 黒, SIMフリー)
と書かれていましたが、サンプル写真は英語キーで載っており、だまされた感一杯です。
さらに色が「黒」って書かれていますが届いたのは銀だし……
 
実際に使ってみると、カーソルキーが付いているので、日本語の変換がとても楽です。
キータッチはXT316と比較すると雲泥の差です。
ただし比べてしまうならChachaのキーは雲の上の月まで行くくらいいいです。
その理由は下にある動画を再生していただければわかると思います。


クリックせずに触れるだけでこんなに波打つんです。
もう少し何とかして欲しかったですね。
 
さらに少し使ってみると、デフォルトで入っているランチャーがとても使いにくい。
そこで、LancherProに変更して使い勝手を良くしてみました。

さらにPocketGamesさんの記事を参考にrootをとり、フォントを入れ替えました。
実は他のSIMフリーAndroid携帯は、日本語化するだけで中華フォントでも十分使えるのですが、
何故かGalaxyProはほとんどの漢字が文字化けしてしまいます。
日本向けの端末ではないので仕方ありませんが、普通の人にはお勧めできませんね。
フォント入れ替えは必須の端末でした。
 
ココから下は愚痴になります。
SAMSUNGのファンの方は読まない方が良いと思いますので、ここでページを閉じてください。
 
 
 
内部の設定を見ると各メーカーの設計思想が現れているのが良くわかるのですが、
はっきり言ってしまうと、SAMSUNGの設計思想は「手抜き」にしか感じられず非常に残念です。
htcやMotolora、Huaweiでもしっかり作っているところをなぜかやらずにいるのが、
私があまりSAMSUNG端末を好きでない理由です。
 
Proの薄さやUSBコネクタのシャッターは評価します。
端末を売るために外側の見た目を良くするのは当然だと思います。
しかしX-01SCでも感じたのは使いこむ毎に露呈する「使いにくさ」「ソフトのチューンの甘さ」です。
「OSはSAMSUNGが作っているのではないから、知りません」という態度が良くないと思います。
他のメーカーは、そこにまで手を入れているのだから。
 
 
以上、セッティングを終えて少し触った感想です。