Translate

2014年8月2日土曜日

Yahoo製無料カーナビアプリを試してみた

以前から書いていますが、私はNavitimeドライブサポーターというアプリを使ってカーナビ代わりにしています。
こちらは月額400円(2014年8月現在)となっていますが、かなり優秀なカーナビアプリです。
 
このたびYahoo!が無料のカーナビアプリを発表しましたので、早速試してみました。

【アプリの詳細】
こちらが起動画面です。
Navitimeに比べるとランドマークが簡素です。
実際にナビゲーションを試してみました。
VICSを受信すると渋滞個所が赤く表示されるようです。
渋滞個所は自分が進む進行方向だけになっており、逆側の表示は省略されていうように感じました。
また音声によるガイドでも右左折専用レーンの案内があり、カーナビゲーションとしての有効性を発揮していました。
 
しかし細かな案内がおかしいところがあります。
上記の写真を見ての通り、目の前の信号を左折すればすぐに目的地なのですが、なぜか遠回りを指示されます。
しかももしこの案内の通りに走ってしまうと、アリオ西新井の駐車場へは右折入庫禁止なので入れません。
このような不具合は今後直るのでしょうか?
 
設定画面はこのようになっています。
VICS情報がほしい場合はYahooアカウントでログインする必要があります。
 
施設アイコン表示は5種類存在し、それぞれ内部を細かく設定できます。

ガソリンスタンドは上記の通り多くの会社毎に表示を選べます。
実際にはこれらを細かく変更する意味は感じられませんが、「自分は出光しか使わない!」と決めている人にはいいかもしれませんね。
 
ナビとしての設定は通常のナビアプリと変わりません。
逆に言えばちゃんとしたナビアプリの条件を満たしているといえます。
 
【感想】
使ってみた感想ですが、写真を見て分かる通り、かなり簡素でランドマークがほとんど表示されません。
知っている場所を走るときには問題ありませんが、これで知らない場所に行くのはかなり心細いと思います。
そのため、ナビをさせないときには使いにくでしょう。

しかしながら、ナビゲーション自体はほぼ問題なくしてくれるため、指示通りに走るだけなら大丈夫でしょう。
何より無料という点で妥協できるでしょう。
サービスが始まったばかりなので、今後バージョンアップしてロケーターとしての使い勝手があがることに期待しましょう。