Translate

2011年10月3日月曜日

Galaxy Pro 使用レポ

ここのところ、常にGalaxy Proを携行し、こちらをメイン端末として使ってみました。
Galaxy Proの良さは「薄く」「軽い」この2つで尽きます。
2つ「に」の言い間違いではありません。
2つ「で」尽きる……残念なことに、これ以外は良いところがないのです。
去年同じSAMSUNGがSoftbankから出したX01SCを使って感じた「使って分かる出来の甘さ(悪さ)」を今回も感じました。
この端末を愛用している人には本当に申し訳ないですが、愚痴しか出てこないのが私の本音です。
 
1)あっという間に尽きるバッテリー
使わなければけっこう保つかもしれませんが、ちょっと使うとあっという間に消費します。
朝100%の充電状態からメールを1通送っただけで、94%まで落ちます。
いまポケットの中のGalaxy Proを見たら、まだ1時間経っていないのに92%まで落ちていました。
会社に着いたら充電が必須です。
 
2)再起動するとIMEが解除される
再起動後、文字入力をしようとすると英語しか打てません。
理由はIMEが解除されるからです。
毎回、入力欄を長押しして、指定し直す必要があります。
 
3)再起動するとウィジェットがほぼ全滅する
IMEと同じくウィジェットが表示できなくなります。
毎回、削除し、サイド置き直す必要があります。
 
4)充電中に操作をするとまるで暴走状態になる
充電中にタッチパネルの挙動がおかしくなる端末といえば、Flipoutもそうでしたが、あれより酷い状態となります。
Flipoutはタッチの位置がずれるような挙動でしたので、それほど酷いことはなりませんでした。
Galaxy Proをマーケット画面を表示しつつ充電を開始したとき悲劇が起こりました。
画面が暴走したようにメチャメチャに切り替わり、今入れたアプリを削除し、さらに全くいらないアプリをインストールし始めました。
見えない誰かが操作しているようで怖かったです。
有料アプリのインストールに進みそうなところで、あわててUSBケーブルを抜いて、暴走は停まりました。
 
……大きな問題として4つを上げましたが、かなりストレスがたまります。
再起動せずに使えば、IMEとウィジェットの問題は解決しそうですが、よく反応が返ってこなくなるため定期的な再起動は必要でしょう。
 
それにしても充電中の暴走は本当に怖いです。
いまのところ、ホーム画面ならば暴走はしないようだと分かったので、それ以外では充電をしないようにして再発を防いでいます。
 
色々と残念でなりません。