Translate

2012年2月7日火曜日

折りたためる石版、Sony Tablet Pをゲット!

以前購入した激安のAndroidタブレットChocottの具合が悪くなったので、購入店に持っていったのですが、店頭保証期限は過ぎていたので、メーカーに直接送ってくださいと言われました。
 
その日の帰りに、ドスパラの中古携帯店で、あるアイテムを見つけました。
それがSony Tablet Pです。
中古ですが程度も良く、価格も38,900円だったので思わず買ってしまいました。

このPの面白いところは、2枚の液晶を使っており、折りたたむことができることです。
 
開くと大きな液晶のになりますが、たたむとコンパクトになる。
これほど持ち歩きに適したタブレットは類を見ません。








中央にヒンジがあるので、完全に一枚の液晶に見えるわけではありませんが、それなりに一枚に見えます。

OSは3.2。
タブレット専用のハニカムが入っています。










ボディの下の部分には大きなバッテリーが入っており、これが錘の役割をはたすため、まるでクラムシェルのノートPCのように立てることも出来ます。

また下画面はキーボードエリアとしても機能します。

この状態で縦に持つと、まるで文庫本を持っているような形になります。
それを意識しているのか、Sony Readerの文庫アプリが入っており、読書に向いた端末です。




このタブレットは、Docomo系のデータSIMを入れることでWifiスポットが無くても通信をすることができます。
もちろんMVNOの日本通信U300での動作実績もあります。
私はモバイルルネッサンスSIMを入れて見ました。
ベストエフォート7.2Mbpsなので、フルスピードが出るとは限りませんが、とても快適にブラウジングできます。
 
惜しいのはバッテリーの持ちが悪いことでしょうか。
通勤中の1時間ほど読書をしたりブラウジングをしたら、それだけでバッテリー残量が72%になっていました。
発売当初は、ユーザー登録をすると予備バッテリーがもらえるサービスが有ったらしいのですが、このバッテリーの持ちを考えるとなっとくです。
 
それでもついつい外に持ち出したくなる魅力的な端末です。
とても満足しています!