Translate

2012年2月17日金曜日

Sony Tablet P 私の活用

2週間前にふとしたはずみで買ってしまったSony Tablet P
毎日のように活用しています。
 
一番の使い方はGoogle+などネットの利用なのですが、その次に活用しているのが電子書籍ビュワーとしてです。
 
私はSony Readerを所有しており、そちらで書籍を購入しています。
同じアカウントを設定すると、Tablet Pでも書籍をダウンロードすることが出来ます。

Readerはインクペーパーなので非常に目にやさしいのですが、地下鉄内など暗い所ではたまに見難いこともあります。
それがTablet Pではバックライトのお陰で場所を選びません。
 
また、この見開きスタイルのお陰で、Readerよりも広い画面を表示することができます。
真ん中で2つに折れるのも、本当に本を持っている感じになりますね。

そして、Readerよりもアドバンテージが高いのが、カラーの表示です。
Readerはモノクロインクペーパーなので、漫画などはTablet Pの方が綺麗に見えます。
また、拡大がピンチ操作で簡単にできるのも楽です。

ストアでは一般書籍の他に雑誌も販売していますが、この雑誌はカラーであることから、Readerには対応していません。






そういえば、ついにAmazon電子書籍ビュワー「キンドル」が日本でも販売されるようになりますね。
日本国内ではSonyの方が一歩先にサービスをスタートさせました。
そして参入出版社も徐々に増えているようで、今月いっぱいは角川の書籍を購入すると購入量に応じてポイントが貰えるキャンペーンをやっています。
10冊買うと1500ポイントが付加されます。
もし、対応機器を持っている人は、今のうちに購入してポイントをゲットするのもいいでしょう。
 
私はもちろん12冊購入してしっかり1500ポイントゲット!
ポイントが付加されるのが3月以降らしいので、その頃になったらポイントを使ってまた書籍を購入するつもりです。