Translate

2015年12月7日月曜日

Blackberry Privが届いたので開封する

発売前からB&Hで予約していたBlackberry初のAndroid端末Privがやっと届きました!


狭ベゼルのつやつや液晶がとてもきれいです。


箱は3段構成で、本体、SIMピン、付属品となっていました。


手に取ると意外と薄く、薄いわりにずっしりとしています。


キーボードを出さない状態では、htc Desire EYEとほとんど同じサイズです。
角は尖っていますが、厚みは若干薄いです。


上部にMicroSDカードのトレーと、nanoSIMのトレーがあります。


起動すると、すぐに日本語が!
この後、Wifiの設定と、NFCを使った旧機からのデータ移行があります。
この辺りはDesire EYEの時と同じです。
というか、Android5.0のセットアップがこうなのかもしれません。


通常のAndroidではこういった契約はあまりお目にかかりませんね。
いかにもビジネスモデルをメインにしてきたBlackberryらしいところです。


APNはMVNOの有名どころは網羅しているようです。
ただ私が突っ込んだSIMはDTIの物なので、一覧には存在せず、自分で作成しました。


いよいよ使おうと思ったら、なんとAndroidのアップデートを促されました。
早く触りたいのですが、仕方ありませんのでしばし待ちましょう。


その間にキーボードでも眺めてみましょう。


Classicと比較してみると、横幅はほぼ同じですが、縦が若干狭いです。
打ちやすさはClassicに負けますが、スライドギミックのために仕方ないことでしょう。


私が手に入れたモデルは北米仕様のSTV100-1なので、無線充電のQiに対応しています。


充電中はサイドエッジにこんな表示が出ます。

とりあえず今日はこんなところです。