Translate

2015年2月20日金曜日

今更のMotorola Razr XT910

今日も飽きずに昔の端末を引っ張りだしました。
今回は Motorola Razr XT910 です。
質実剛健なアメリカン端末としてはとてもスリムな本機は、とてもよいデザインです。
しかし、そのためにバッテリーが犠牲となっており、1780mAhしかありません。
これはずばり、バッテリー切れが頻発するということを意味します。
この問題を解決するために、3000mAhのバッテリーを搭載したRazr Maxxという大容量版を出したほどです。
ちなみにMaxxも持っていますが、そちらのスタミナは知り尽くしているので、あえて今日はノーマルの方を持ちだしてみたのです。
 
さてそのバッテリーですが……
2時間で残量80%。
これなら9時間位使える……普通ならそう思いますよね?
ところが現実はというと……
6時間で残量20%!
なんか、使っていないのに急激にバッテリーが放電していますね。
 
仕方ないので一度充電して再度試してみました。
なぜなんだ?
5時間超えたところで急激に放電して残量20%!
ちょっと異常なので、これは私の持っているRazr固有の症状かもしれませんね。

このRazrですが、バッテリーが外せないため、バッテリーが劣化したら端末ごと終了となってしまいます。
 
どこかで交換用のバッテリーを手に入れておいたほうが良いでしょうか?
2年位前にアリババで見かけたような気がしますが、まだ売っているか……?