Translate

2015年2月19日木曜日

今更のXperia Arc

今日持ち出した懐かしの端末はXperia Arcです。

後のシリーズにも受け継がれる背面中央がえぐれたデザイン初めて採用し、本機の名前を取ってArcデザインと名付けられました。

このArcデザインは手に取った時にフィットするのでとても扱いやすく優れていると思います。
 
久々に使いましたがOS2.3は今でもまだ使える範囲だと思いました。
それよりLTEに慣れた今となっては3Gの応答速度にやや不満を覚えてしまいます。
これはCPUがシングルコアかつ、メモリーが少ないというのもあり、重いサイトを開くと性能の差は顕著です。
特に最近はアプリのサイズが大きいこともあり、そちらで苦戦する事になります。

しかし通話やメールのやり取りがメインであり、重いアプリを必要としていないのであれば、今でも充分戦える端末だと思います。

逆に言えば消費電力の小さいシングルコアCPUなので巨大なバッテリーも必要なく、軽く仕上がっているのはとても良いです。

セルスタンバイの起こっているデータSIMで一日使いましたが、15時間経過で30%以上残っていました。
これはかなり良いスタミナだと思います。

スリムで軽量、持ちやすいの三拍子。
個人的に銘機だと思います。