Translate

2011年12月2日金曜日

Droid Pro キターーー!

何度も申し上げている通り、私、キーボーダーでございます。
特にスライドしないいわゆるキャンディーバー型端末という物に目がないのです。
そこでついに手を出してしまったのが、Motorola Droid Proです。
 
オークションで手に入れたので、
外箱にはちょっと使い古された感がありますね。
キャリアは北米のverizonのようです。
 
verizonというと、電波方式がcdma2000なので、
日本のDocomoやSoftbankでは使えないはず……
ですが、なんとDroid ProはWCDMA2.1Gにも対応しており
ロックさえ解除すれば、日本でも使えるのです。
これはオークションで買ったのでロック解除済み。
前のオーナーはSoftbankのSIMで動かしたと書いてありました。
 
箱から出して手に取ってみました。
大きいようでそれほど大きくは感じません。
絶妙なサイズだと思います。
 
起動画面の一部。
この時スピーカーから「ドローーイド!」という声が!
これにはビックリしました。
 
最初起動したとき、
アクティベーション画面になってしまい更にびっくり!
verizonのSIMがないので先に進めない!?
ちょっとあわてましたが、ネットで調べると、
電波方式を「GMS/UMTS」に変更することで回避できると知りました。
いやぁ、焦りました(^^;
 
そしてとりあえず、日本語表示を行うため
いつもの「MoreLocale2」を入れます。
が、3度びっくり!
英語とスペイン語しか出てこないのです!
 
そこはあわてず、ロケールの追加にて
言語、地域を追加して事なきを得ました。
 
ほら、日本語が選べました。
本当にこの端末はビックリさせられてばかりです。
 
さて、ここでWIFIでの接続から3Gに切り替えようと、
SIMのAPNを入力。
ですが……3Gがつながりません!
本日4度目のびっくり!
これが一番困ったビックリです。
 
色々調べて「ごくつぶしの日々」にて情報発見!
/system/etc/ppp/peers/pppd-ril.options
を編集することでデータ通信が可能になるとのこと。
しかしadbで転送するのは面倒だったので私は
先にrootを取り、root exprolerでコピーすることにしました。
 
rootはz4rootを使いました。
それは「XDA」から入手しました。
 
これでやっとb-mobileのU300で3G通信が可能になりました!
でも気軽にSIM入れ替えが出来ないようなので、ちょっと面倒化も。
 
というわけで、MOTOROLAのキャンディーバー型トリオ。
 ※Flipoutはキャンディーバーではないので除外
 
さて、実際にタイピングをしたときに、
Charmに負けるという事実があります。
理由はこれ!
 

Charmにはあるカーソルキー!
 
カーソルがないと日本語変換をするときに、
変換範囲を変更できないのです。
これではせっかくのQWERTYキーがもったいないことに。
そこで調べると頼もしいキーマップ変更設定ファイルを見つけました。
 
nobuの日記Z」こちらでcdma_venus2-keypadの存在を知り導入。
マイクボタンを殺すことでキーマップを変更し、
 ピリオドに「left」、マイクに「right」、
 カンマを「.」、シフト+カンマを「,」に変更。
これでストレスなしで快適に日本語変換ができます。
明日から実際に使ってみようと思います。