Translate

2015年4月26日日曜日

久々にモバイルギア2を引っ張り出してきた

モバイルギア2は、ご存じの方は「懐かしい!」と共感していただけるであろう、モバイル時代の1ページを担ったであろう端末です。

WindowsCEという組み込み用OSを、ミニノートのように活用した製品で、本機はNECが制作したMC/R320という機種です。
横27cmほどあり、靴底よりも大きいです。
私はヤフオクで手に入れたので、すでにヒンジが割れていたりと傷だらけでした。
しかし単3電池2本(あとバックアップ用電池CR2032が1つ)で動くのでどこにでも持っていける手軽さが良いです。
 
まるでノートパソコンのキーボードに、無理やり白黒液晶をつけたようなデザインです。
昔買ったPocket WZ-Editor3がまだ残っていたのでセットアップ。
快適なテキスト入力マシンの誕生です。

昔はモデムカードでPHSをつないで通信したりできましたが、今はPHSもモデムカードも手放してしまったので、ネットにはつなげません。
一応、手持ちの無線LANカードを入れてみたのですが、うまく動きませんでした。

しかし、この頃の機体のスペックでは大容量のCFカードは動作できず、アダプタをかましてSDカードを入れようとしたのですが、認識できませんでした。
仕方なく128MBのCFカードで運用するしかありません。

データのやりとりはデスクトップPC経由でないと無理ですね。