Translate

2015年4月20日月曜日

Netwalker復活!

最小のUbuntu端末であるNetwalkerが発売されたのは2009年の9月のことでした。
私が手に入れたのは翌年になり中古に出回り始めた頃でした。

NetwalkerはOSにUbuntuを使用した、小さなパソコンであり、Linux Zaurusの後継機的な位置づけでした。
しかしLinux系OSを利用したため、パスワードを忘れてしまうと何もできなくなるという、堅牢さ故の融通の効かなさがありました。
……はい。パスワードを忘れたのは、私です。

UbuntuをPCで利用し始めてすぐに思い出したのがNetwalkerでしたが、数年ぶりに引っ張りだしてパスワードを忘れていたのには参りました。
仕方なく初期化(リカバリ)しようとしましたが、リカバリSDがエラーでリカバリに失敗。
パスワードが分からない状態だとリカバリSDの再作成もできません。
色々調べると、デスクトップのUbuntuからリカバリSDを作る方法を発見。
ファイルの一部を書き換えるだけで良いので大助かり。
……しかし、シャープのサーバーがすでになくなっていました。

これでは八方ふさがりと、某巨大掲示板に助けを求めました。
持っている人から、リカバリSDを借りるしかない、と……。
貸していただけなくとも、ファイルをUPして貰えればリカバリSDは作れる……。
 
しかしこの書き込みが功を奏したのか、いつの間にかシャープのサーバーが復活し、リカバリSDが作れるようになりました!
 
さっそく、Netwalkerをリカバリ。
 
無事にNetwalkerは復活を果たしました!
 
さて、また1から環境づくりだ!
せっかくなので、軽快なLubuntu化してしまおうかしら?