Translate

2011年11月5日土曜日

名機プリモバイルで復活!

11/4にプリモバイルにhtcのスマートフォン「X04HT」が加わりました。
本日朝から電話をかけまくり、やっと在庫があるところを調べました。
それがここ!
 
ソフトバンクショップ総本山「表参道店」
今日中に行くからと1台取り置きを頼み行ってきました。
 

店内はとてもきれいで、さすが表参道のお店というところでした。
カードのチャージをする段になって
「電話のかけ方は……?」と、
WindowsMobileに慣れていない店員さんが
アタフタするのが微笑ましかったです。
 
とくに最近の静電容量式パネルに慣れているせいか、
感圧式のパネルだと思うように操作できていませんでした。
 
値段は、プリペイカードを即チャージするという契約ならば、
本体が1028円でした。
あわせて4028円。
ここより安く3980円という店舗もあるようでしたが、入荷が未定とのことでした。
また、同じプレミアムショップでも池袋店は
「即チャージするなら本体5000円、合計8000円」とのことでした。
 
さて、やっと私の手に来ましたX04HTです。
S21HTを愛用していた頃を思い出します。
 
特徴的な背面のダイヤモンドカット!
これはX04HTが「Touch Diamond」という名前の端末である由来です。
ちなみにS21HTはこのカットをしていません。
 
最近のhtcの後輩たちと並べてみました。
一回り小さいのが良くわかります。
これでも液晶画面はVGA(480*640)あるんです。
ChachaはHVGAなので半分の解像度なんです。
 
TouchFLOを操作して見られるプログラム一覧。
ちなみにプリペイドなのでネットを使うアプリは
このままでは動かせません。
Wifiなどを使えば大丈夫です。
 
ちなみに、この統合されたホームランチャアプリ、
TouchFLOは便利なのですが、動作が重いのが玉に瑕。
これを嫌った人はWindowsMobile6.1本来の
ホーム画面に替えることが出来ます。
 
まず「設定」から「Today」を選びます。
 
テーマが初期は「Htc blach」になっているので、
これを「Windows Mobile 6.1」にあわせて、
下のタブを「アイテム」に切り替え……
 
「TouchFLO 3D」のチェックをはずして、
代わりに表示させたいオプションを選び、
最後に右肩の「OK」を押すと……
 

このように、サクサクの軽いホーム画面が登場します!
 
SIMフリーではありませんが、60日間3000円分の通話料込みで
約4000円のこの端末、お一ついかがですか?