Translate

2011年11月2日水曜日

そういえばhtc Zですが

先週の日曜日に手に入れてから、
お披露目を忘れられていたhtcZについて
書いてみようと思います。
 
こちらがhtcZです。
デザイン的にはX01SCや、EMONSTERに似ています。
縦11cm、横5.7cm、厚さ2.1cmでなかなかの存在感です。
 
裏ぶたを開けると、電池の内側のこの位置にSIMを入れます。
MicroSDは左側面(この写真だと右側面)から入れます。
 
電源投入。
htcロゴに続いてDOCOMOロゴが出ます。
 
しばらくすると、懐かしいWindowsMobile5のグリーンが!
 
はい、これが懐かしのホーム画面ですね。
PocketPC時代はスタートが下にあったんですが、
WindowsMobileの名前になってからスタートが上に来ました。
 
htcZはスライドキーボードを搭載しています。
キーボードを引き出すと、画面も横向きになります。
そしてこのキーがなかなか押しやすい。
htcの良さが現れています。
 
入れているSIMは日本通信のb-mobileU300です。
ちゃんと通信できます。
 
Google起動。
300kbpsという通信速度ですが、
この時代のOSだとあまりストレスに感じません。
 
ただし、PocketIEの性能のせいで、多くのサイトを観ることが出来ません。
google+なんて無理無理!
一応、twitterはMZ3を使って書き込みもできます。
またメールはGmailをIMAP4で設定し、送受信できています。
  
実際これを使うとなると、最近のサービスに対応できないのでツライところです。
そういったサービスではなく、簡単なブラウジングと、
データ入力やメール端末として使うなら、まだまだ現役です。
 
ただ多くを望むとストレスが溜まりますね。
 
とりあえず、3980円という価格で買ったので、
コレクションの一つとして家に置いておきたいと思います。