Translate

2011年10月29日土曜日

棲み分けできない……WP7

色々、使い道を探している最中のhtcRaderことWP7機ですが、
棲み分けが出来ずに困っています。
 
WP7はSNSに特化したOSと言っても過言ではありませんが、
そのサービスはFacebookとTwitter、WindowsLIVEに限定されており、
google+やMixiには対応していません。
 
私はアカウントは持っているものの、Facebookはほとんど使っていません。
最近はTwitterよりもgoogle+にシフトしてしまいました。
おかげで、WP7の得意とするSNSの恩恵に預かれないのです。
 
ならば、通常のAndroidと同じ使い方をしてみようと思いましたが、
google+用のアプリや、Twitter公式アプリがありません。
(WP7用Twitter公式はあるようなのですが、
 どうやってもダウンロードが出来ない状態です)
 
また、次の2つの理由から、私にとってメイン端末として使えない事実が判明しました。
 
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

その1)メールが全文返信しかない
 
WP7のメーラーではリメールが全文返信しかなく、
これを削除する方法がありません。
なので、このメーラーでやり取りを続けると……
短文でも、メール本体がどんどん肥大化し、
挙句の果てに途中から文字化けで読めなくなるのです。
これは地味に困ります。
 
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
その2)IMEの変換が困る
  IME関係には3つの難点があります。
 
1つめは、明示的な「変換キー」が存在しないこと。
つまりIMEが予測変換した候補の中から探す以外の手がないのです。
この予測変換がはっきり言ってバカすぎて、狙った文字が見つかりません。
「変換キーさえ無い」といっきに入力したとします。
 

すると「返還キーさえない」「変換機ーさえない」となり「変換キー」は候補に出ません。
ちなみに「さえない」を消してみた場合は
「変換機ー」「ヘンカンキー」「ヘンカンキー」の3種類しか候補に出ません。
 
 
2つめは、「フリック入力に難がある」ということ。
フリックでありながら、トグルも併せ持っているため、
「あ段」の文字が2つ以上続くと正しく入力できなくなるという欠点があります。
 

写真の例のように「かかって」と打ちたいのですが、
じっさいには「か、か」→「き」となるので、「きって」になります。
qwertyを使えばこの問題は解消できますが、
狭い画面でミスタッチをするよりフリックを使いたくなりますよね?
これが地味にストレスになります。
 
 
そして3つめ「ユーザー辞書がない」
これは本当に驚きました。
予測変換がバカなので「よく使う単語は登録しよう」と思ったのですが
それは無理なのです。
ネットのWP7の話題を調べると、誰もがこれについて文句を言っていました。
 
 
以上の事から、私にとってWP7機は常用に耐えない端末でした。
もし、これらが今後修正されるなら、その時は再度使いたいと思いつつ、
Rader君には箱の中で眠りについてもらおうと思います。
 
本当にアプリ不足が深刻な端末でした。