Translate

2011年10月28日金曜日

Windows Phone 7.5 使用レポ (追伸)


前回のブログをgoogle+に公開したところ、
次のような質問が来たのでちょっとまとめてみます。

1)WindowsLiveとの相性はやはり良いのでしょうか?
 たとえば、Dropboxの代わりにSkyDriveを通常の保存先として選択できるのか?
 その相性は??

2)Office365との相性は??

という質問でした。
まず、最初に私はこの両方とも良くわかっていません(^^;
どちらも使ったことがないのです。
SkyDriveは名前だけ知っています。
なんとなく「Dropboxみたいなもの?」と思っています。

1)WindowsLiveとの相性ですが、
具体的にWindowsLiveで出来ることが何なのかわかりません。
Hotmailと、Microsoftメッセンジャーしか使ったことがないもので……
それで、色々と調べて見たところ、
「Officeからならば有効」だとわかりました。
一応、webのHotmailページからSkyDriveに入って、ワードとエクセルのファイルを作ったところ、
WP7のOfficeから見ることも編集することも出来ました。
WP7からふぃあいるを作ることも出来ますが、デフォルトのファイルをリネームして使うという形になります。
基本的にはビュワー用途としての使い方がよさそうです。

また、写真なども選択してSkyDriveに転送することが出来るのを確認しました。

ただ、ファイラーに相当するものがないため、どんなファイルでも転送したり受け取ったりするのは出来ないような気がします。
パッと見たところ使用するアプリがSkyDriveに対応していることが前提のようです。
 

2)Office365との相性ですが、
調べてみたんですがOffice365と今までのOfficeとの違いがわかりませんでした。
ただ、会社で使っているOffice2010とはまったく同期できません。
以前のWM6などは、ActivsyncとOutlookで連携できましたがこれが出来なくなりました。
なので、会社のスケジュールは同期できません。
まさかこれが出来ないとは思わなかったので一番ショックでした。
Outlookの名簿をどうやって同期すればいいのか、なぞです。

また同様にスケジュールの同期も出来ません。
これも、Hotmailのカレンダーに書き写して同期させる必要があるようです。

こうやってみると、本当に今までの資産を捨てているのが良くわかります。
今までこれらを使っていなかった人には、新しいプラットフォームでも何の問題もないでしょう。
しかし、今まで使ってきた人に
「そのプラットフォームと蓄積したデータを捨ててしまえ!」というのは
あまりにもひどいことだと思うのです。
 
せめて、これらを移行するコンバーターを用意してあるならいいのですが……
……そんなの、ないですよねぇ……